最新更新日:2018/11/19
本日:count up215
昨日:132
総数:441431
上滝中学校のホームページへようこそ

「滝音」第50号(最終号)を発行しました

 夕べから断続的に雪が降り、あたり一面うっすらと雪化粧したようです。本日、平成26年度の修了式を行い、1年生・2年生の代表に修了証を手渡しました。生徒たちは、晴れて次の学年へ進級します。
 本日「滝音」第50号を発行しました。内容は、修了式式辞、卒業証書授与式写真、教職員離任式、「26年度を終えるにあたって」です。
 私は今年度末で退職しますので、これが最終号となります。4年間ご愛読いただきありがとうございました。これからも末永く、上滝中学校をご支援くださいますようお願いいたします。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

1学年レクリエーション大会

 1学年では、今年度最後のレクリエーション大会をしました。ドッジボールで、クラス全員でコートに入り、相手のクラスを一人残らず全滅させたら勝ちです。男子は利き手で投げてはいけないなどの特別ルールが決められました。途中でボールが増やされ、あちらこちらから狙われるので大変でした。ドッジボールの前には、恒例(?)のパフォーマンスで各クラスの意気込みを示し、前回よりグレードアップしたパフォーマンスに盛り上がりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

第68回卒業証書授与式式辞 全文

第68回卒業証書授与式 式 辞

 冬将軍が去り、草花の芽吹きや小鳥のさえずりに春の訪れが感じられる今日の佳き日に、上滝中学校育友会会長宮本勲様を始め、多数のご来賓の皆様のご臨席を賜り、富山市立上滝中学校第68回卒業証書授与式を、盛大に挙行できますことは、教職員・生徒一同、この上ない喜びであります。高い席からではございますが、心より御礼申し上げます。
 105名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。ただ今、中学校3年間の課程を終えたことを証明する卒業証書を一人一人に授与しました。これで、小中学校9年間の義務教育を終えたことになります。今、皆さんの表情には達成感や充実感がありありと表れ、これから始まる新たな生活への期待や不安も、見え隠れしています。
 これまで慣れ親しんだ学び舎を巣立ち、それぞれの選んだ道への第一歩を踏み出そうとしている皆さんに、餞として二つのことをお話しします。

 一つ目は「夢や願いをもち続け、自分自身を信じて、自ら選んだ道を進む」ということです。
 一昨日、念願であった北陸新幹線の長野〜金沢間が開通し、速達タイプの「かがやき」を使うと、富山〜東京間が二時間余りで結ばれるようになりました。この北陸新幹線は、東海道新幹線開業一年後の昭和40年に金沢市で開催された「一日内閣」で、富山県代表の岩川毅砺波商工会議所会頭が東京から北陸地方を経由して大阪に至る「北陸新幹線」の建設を求めたことに始まります。
 5年後の昭和45年に全国新幹線鉄道整備法が公布され、昭和48年には新幹線整備計画が決定され、発案から50年が経ってようやく金沢までの開業が実現しました。大阪までの建設はまだ先になりそうですが、8年後の平成35年春には敦賀までの開業が予定されています。
 この新幹線は、沿線の10都府県でつくり歴代富山県知事が幹事を務めてきた北陸新幹線建設促進同盟会を始め、多くの人々が夢や願いをもって各方面に働きかけたことによって実現しました。そして、先人の努力によって実現した新幹線を、今後どのように活用していくかは皆さんの手腕にかかっています。

 今年は、私たちに数々の教訓を与えてくれた東日本大震災から丸4年を迎えました。そして、この大震災のわずか17日前にはニュージーランドで大きな地震が発生し、28人の日本人を含む183人が犠牲になりました。中でも、語学研修中の富山外国語専門学校の生徒など13人の富山県関係者が含まれていたことも大きな衝撃を与えました。被災した若者たちを慰霊するために、遺族がクライストチャーチ市に働きかけて、先月共同墓地に銘板が設置されました。この銘板には、子どもたちの無念さを思い、天国でもはばたくことができるよう思いを込め、遺族で話し合って決めたという「夢よはばたけ」の文字と蝶の絵が彫られているそうです。
 皆さんも、彼らのように自分なりの夢や願いをもち、自分の力と可能性を信じて、その実現に向けて大きくはばたいてください。

 二つ目は、「縁あって出会った人たちに感謝の心をもち、そこで得た絆を大切にする」ということです。 本校の校長室には、上滝中学校と旧立山中学校に勤務した職員の一覧表が、2幅の掛け軸として掲示されています。この表には、各年度の生徒数及び学級数が記され、昭和22年の創立以来68年間に渡り、校訓「自主」「明朗」「誠実」のもとに、生徒と先生で築き上げてきた歴史と伝統の重みが伝わってきます。皆さんの前には1万2千人を超える先輩たちがいます。在学中に皆さんが伝統の1ページに記した足跡は、後輩への指針としていつまでも受け継がれていくことでしょう。
 皆さんは、縁あってこの世に生まれ、この学び舎で先輩や後輩を含めた素晴らしい仲間と出会いました。また、学校生活や様々な行事を通して多くの人との出会いがあり、これからの人生においても、たくさんの出会いがあると思います。
 そして何より、ご両親をはじめとする家族との素晴らしい出会いがあったことを忘れてはなりません。
 一つ一つの出会いで得られた絆は皆さんの宝物です。この学び舎で身に付けた知性と勇気を胸に宿し、平和と正義を願う心をもち、工夫と創造で幸せな人生を切り拓いていってください。多少の回り道や失敗があってもよいのです。苦しいことから逃げ出したり、誰かのせいにしたりせず、自分を支えてくれる様々な人との絆を大切にして、一歩ずつ進んでください。この上滝中学校で学んだ皆さんなら、「今ここで自分が行動する」という気持ちで、この先出会う様々な試練も、逞しく乗り越えていってくれると信じています。

 保護者の皆様には、お子様のご卒業を心からお祝い申し上げます。中学校3年間を通して心身ともに大きく成長した我が子の姿を目の当たりにされ、皆様のお喜びも一入かと思います。これまで15年間、深い愛情を存分に注ぎ、温かく厳しい目で見守り育てて来られた皆様の思いは、生徒たちの心の奥深くまで十分に届いていると思います。
 子どもたちは、3年間共に過ごした学び舎に別れを告げ、自ら選んだ進路に向けて旅立ちの第一歩を踏み出そうとしています。この先多くの困難に出会うと思いますが、様々な試練を乗り越えながら一人前の大人へ成長していくのです。社会人として独り立ちできるまで、保護者の皆様には、今しばらく子どもたちの支えとなってくださるようお願いいたします。
 今まさにこの学び舎を巣立とうとする105名の卒業生の前には、無限の可能性を秘めた未来が開かれています。これからの時代を担う皆さんの前途に幸多からんことを願うとともに、益々健康で自分らしさを発揮し、それぞれの道で活躍されることを祈念して、式辞といたします。


 平成27年3月16日
   富山市立上滝中学校 校長 室 生 晃 年

「滝音」第49号を発行しました

 今日は、第68回卒業証書授与式です。少し雲がかかっていますが、天候に恵まれて、心晴れやかに式を終えることができました。来賓の皆様からも、感動的な卒業式だったというお言葉をいただき、嬉しく思っています。
 本日「滝音」第49号を発行しました。内容は、卒業証書授与式式辞(要旨)、育友会記念品授与式・同窓会入会式、中体連・中文連表彰受賞伝達式です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

「滝音」第48号を発行しました

 昨日まで降り続いた雪もやみ、明るい日差しも見られるようになりました。昨日は卒業生を送る会と部活動送別会が行われ、今日は卒業証書授与式の予行と育友会記念品授与式、同窓会入会式を行います。そして、午後は卒業式に向けた諸準備が行われます。卒業する3年生を晴れやかな笑顔で送り出せるように、がんばります。
 本日「滝音」第48号を発行しました。内容は、卒業生を送る会、生徒会役員選挙、卒業生合唱「旅立ちの日に」、読書ノートです。今回の読書ノートは、滝口悠生さんの「愛と人生」です。短編集ですが、書名の「愛と人生」はフーテンの寅さんを描いた作品で、楽しく読むことができました。なお、読書ノートは今回が最終となります。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

生徒会役員選挙の立会演説会と投票が行われました

 3月11日(水)、平成27年度前期の生徒会役員選挙の立会演説会及び投票が行われました。会長、副会長は立候補者数が定数と同数でしたが、書記と会計は立候補者が定数より1名多いため、投票が行われました。立候補者たちは、当選したらどんな学校にしたいか、どんな活動をしたいかという抱負や自己アピールを訴えて投票を呼びかけました。
画像1 画像1
画像2 画像2

ニワトリの脳の観察

 第2学年では、動物のからだのつくりについて学習します。今回、その学習の延長として、「鶏頭の水煮」を使って、「脳のつくり」を観察しました。最初は、少し腰が引けているような感じでしたが、次第に熱中していきました。人間と共通するつくりもあり、ちょっと変わった機会になったようです。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「滝音」第47号を発行しました

 一昨日の7日(土)には、育友会資源回収があり、保護者及び地域の皆様にご協力いただき、ありがとうございました。おかげさまで天候にも恵まれ、作業を円滑に行うことができました。
 卒業証書授与式まで一週間、明日から県立高等学校一般入学者選抜学力検査(入試)が始まります。今日の午後には、3年生全員が集まり、入試に向けた激励会が行われます。
 1・2年生は、平成27年度生徒会役員選挙と卒業生を送る会の準備に一生懸命取り組んでいます。この一週間は、どの学年にとっても内容の濃い一週間になりそうです。
 本日「滝音」第47号を発行しました。内容は、育友会第2回資源回収、2015春まちコンサート、県立高校一般入試、在校生合唱「この地球のどこかで」、読書ノートです。今回の読書ノートは、竹内雄紀さんの「日本レンタルパパの会」を紹介しました。家族について考えさせられる作品です。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

資源回収を実施しました

 3月7日(土)、資源回収を実施しました。天候にも恵まれ、育友会(PTA)が中心となり、保護者や地域の皆様、生徒、教職員の協力で、新聞、雑誌、段ボールなどたくさんの資源を回収することができました。この活動で得られる収益は、今後の生徒の活動に生かしていく予定です。地域の皆様、ご協力ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「滝音」第46号を発行しました

 今日は、久しぶりに明るい日の光が降り注いでいます。明日は雪の予報が出ていますが、春が確実に近づいていることを実感します。3月に入り、来週に県立高校一般入試を控えた3年生は、最後の追い込みを行っています。そして、16日(月)の卒業証書授与式に向けて、合唱の声が響く毎日です。
 本日「滝音」第46号を発行しました。内容は、第3回学校評議員会、高等学校卒業式、教室床磨きとワックス掛け、自転車通学再開、上滝中学校校歌、読書ノートです。読書ノートは、森田泰弘さんの「イプシロン、宇宙に飛びたつ」です。純国産小型ロケット開発にまつわるお話です。
 今年度も残りわずかとなりました。24日(火)の修了式までに第50号を発行できるようがんばります。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
富山市立上滝中学校
〒930-1313
富山県富山市中滝160
TEL:076-483-1521
FAX:076-483-1522