最新更新日:2018/12/17
本日:count up307
昨日:132
総数:502037
学校教育目標 みんな生き生き輝いて 夢と希望にまっしぐら

退任のご挨拶

画像1 画像1
20160330(No.250)

 上の写真は、グラウンド北東端の桜の木です。私が勝手に「本校の標準木」と定め、ときどき、このページに載せてきました。本校の桜の木の中では最も最初に開花する個体です。いよいよ咲き始めました。
 気象協会の「開花宣言」も昨日あったようです。富山にも「春」がやってきました。例年より相当早いそうですが、春の訪れは早いに越したことはない、といったところでしょうか。いよいよです。

 昨日、子供たちとのお別れの式がありました。式に臨む立派な態度に、改めて「光陽っ子の素敵」を思いながら壇上に立っていました。

 37年間の教職生活で10校に勤務し、大勢の子供たちと出会い、その都度「子供は素敵だ!」と思い続けてきましたが、最後の2年間は「本当に子供は素敵だ!!」と思える出会ばかりでした。
 心から「そう思える」環境の中で、こんなにも幸せな「仕舞い」ができて、「万感の思い胸に迫るもの」があります。感謝の思いでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 いろいろな場所で繰り返し「子供は 家庭で育て 学校で鍛え 地域で磨く」ということを言ってきましたが、しっかりと「家庭で育て」て「地域で磨いて」くださった結果が、本校の子供たちの根本なんだな、と強く思います。その中で「一生懸命に『磨く』こと」に専念できた、本当に幸せな2年間だったと感じています。(繰り返しになって恐縮ですが、)本当にありがとうございました。(もう、この言葉しかありません。)

 本校は4月に15年目を迎えます。修了式で5年生に「皆さんは4月から、15年目の光陽小学校を、学校の中心になって創っていくことになります。と同時に、16年目以降(少なくとも20年目までは影響力が残る)の光陽小学校も創るのだ、という意識をもって最上級生として頑張って欲しいと思っています。」とエールを送りました。子供たちの目の輝きを見ていると、素敵な平成28年度を確信します。

 光陽っ子たち「みんな」が「生き生きと輝いて」、「夢」をもって「希望にまっしぐら」に進んでいく、そんな本校であることを信じ、子供たちの大活躍を楽しみにしながら、今年度の「校長室から」を閉じます。
 たくさんの方から「読んでますよ」とお声をお掛けいただき、どれだけ励まされたかわかりません。本当にありがとうございました。

 光陽っ子に幸多かれ!

修了式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
20160324(No.249)

 先週の18日に118名の卒業生を送り出しましたが、今日は在校生489名に修了証を渡しました。(もちろん、卒業生にも「第6学年の修了証」があるので、卒業式の前日に渡す式をしました。)

 修了証は「あゆみ」の最後のページにあります。子供が持ち帰りましたら、この1年間の、その子供なりの頑張りを認めてやっていただきたい、とお願いいたします。

 今日の式では、各学級の代表の子供に修了証を渡し、その後、この1年間で「できるようになったこと(たくさんあるはずです)をしっかり自分で意識すること」「『まだだ』と思っていることを新しい学年で『どうしていきたいか』、休み中にしっかり考えること」の2つを話しました。そして、各学年毎に「来年への変化」を具体的に話し、「この変化」をしっかり頭に置いて「新しい自分」に向かって「修行」を積んでいって欲しい、と結びました。

 「来年への変化」とは、1年生は「年下」ができるということ、2年生は「2階に上がって新しい教科や勉強がはじまる」こと、3年生は「真剣に『修行』に励んで必死の思いで獲得した『進級』である」こと(これには「いきさつ」があるので、詳しいことは3年生(新4年生)に尋ねてみてください)、4年生は「3階に上がって新しい教科が始まる」「委員会活動で学校全体を見る」等々、そして5年生は昨日も記事にした「最高学年になる」ということ、といった具合です。

 昨年の2学期の終業式で「私たちには2回、『生まれ変わる』チャンスがあります。それは、今月末(大晦日)と年度末です。」という話をしました。「心機一転」は「勇気」と「大きな力」を与えてくれると考えています。新しい学年への決意を新たにして、さらに「よりよい自分(新しい自分)」を目指して、ワクワクしながら4月5日の始業式を迎えて欲しい、病気や怪我のないように、安全に、でもアクティブに、11日間の休業を過ごして欲しい、と願っています。

新年度に向けて(最上級生へ)

画像1 画像1
20160323(No.248)

 6年生が卒業して3連休があって、5年生が「最年長」になって今日は2日目です。上の写真は5年生棟で見つけた「檄文」と、3時間目の授業中(もちろん5年生)の様子です。

 6年生から委員会を引継ぎ、登校班も新しい「班長」で動き出して、徐々に「禅譲」といった動きは積み重ねてきた5年生ですが、いざ「いなくなる」と、やはり雰囲気は違うようです。そんな子供たちの微妙な心の動きのベクトルを「揃える」ことを狙ったのが、写真上段2枚の「掲示」なのだろうな、と思って見ていました。

 今年1年、私は常々「学校は修行をするところ」と言ってきました。頭も体も心も、様々な活動の中で「鍛えていく」、大勢との関わりの中で「鍛えていく」、それが「学校」だと思っています。そのような意味から考えると、5年生は正に「新たな『修行』2日目」で、明後日からは「家庭へ持ち帰って」修行を積み、新年度に備える、ということになるのだな、と思って「掲示」を、嬉しくも頼もしく見ていました。

 明日は修了式です。平成27年度の「修行」を、ひとまず終えて区切りをつけます。でも、まだまだ「修行」は続きます。

インフルエンザ(その18)

20160322(No.247)

 長らくご心配頂きましたインフルエンザですが、この3連休の間に「ほぼ根絶」の状態になりました。あと数名、最も遅く発症した子供が「療養中」ですが、早ければ明日にも「0」になる見通しです。欠席総数も「通常」の数に落ち着き、風邪症状を訴えている子供も日常の様相と変わらない状況になりました。
 もちろん世の中は「まだ」のようなので油断はできませんが、「このまま」で春休みに突入できそうです。従いまして、インフルエンザに関するお知らせは、今号で終えようと思います。この間、ご家庭での健康管理や突然の早退への対応等、いろいろとご配慮、ご協力をいただき、本当にありがとうございました。

 新年度に向かいまして、全校児童が健やかに、元気一杯で平成28年度の始業式を迎えられますよう、春休み中の健康管理につきましても、引き続きのご配慮をお願い申し上げます。

春の足音は間近に迫りつつあります

画像1 画像1
20160322(No.246)

 先週の金曜日は、たくさんの方々に見送られて118名の卒業生が巣立っていきました。今まで、子供たちに賜りましたご厚情の心から感謝申し上げると共に、今後も、変わらぬご指導ご支援をお願い申し上げます。本当に有難うございました。

 3連休の間中、福岡で、名古屋で、岐阜で、そして「やっと」東京で、と世の中は「さくら咲く」の話題で持ちきりでした。本当に日本人は「桜」が好きなのだなぁ、と思います。きっと「桜」は「忍耐からの解放」の象徴なのかもしれないな、とも思います。

 だったら、今日の記事は「本校の桜だ」と思って朝、取材したのが上の写真です。上2枚はグラウンド北側の桜で、中でも最東端の1本に「咲きかけ」を見つけました。その他の蕾も大きくふくらんでいて、まさしく「もうすぐ」を感じます。今日は最高気温が15度との予報が出ています。「ますます」を期待してしまいます。
 下の2枚は中庭の桜です。中庭は寒風に曝されることは少ないのですが日照時間がグラウンド周辺と比べると短いので、まだ「固く」見えます。定植して最初の春なので、どの程度咲くのかは未知数ですが、これまた「どんな花が咲くのだろう」との期待が高まります。

 「春よ来い! 早く来い!!」

卒業式

画像1 画像1
20160318(No.245)

穏やかな朝になりました。
今日、118名の卒業生が本校を巣立っていきます。
今日まで、陰に陽に子供たちを支えてくださったすべての皆様に心から感謝申し上げます。

子供たちの前途に幸多かれ、との思いを込めて、今日の式を務めて参ります。

インフルエンザ(その17)

20160317(No.244)

 暖かい朝でした。明日も暖かいようなので安心してます。天候も、昨日まであった「晴れマーク」は消えたものの、午前中は大丈夫そうなので「よし!」と思っています。

 今日の欠席総数は、普段の2倍以上ではありますが、先週後半から大変わりはしていません。インフルエンザによる出席停止者は「新発」がなく、復帰者が1名いて、片手で数えられるようになっています。ただ、高熱による欠席者が数名いるので、やはり心配です。

 明日は卒業式ですが、マスクの着用については「個人の判断」で、と子供たちには話してあります。その場に応じて着脱を適宜行う(たとえば「じっと待っている間はマスクを着用しているけれど、歌う場面に近くなったら外す」)よう、発達段階も考慮して指導しています。ご家庭でもアドヴァイスをお願いいたします。

インフルエンザ(その16)

20160316(No.243)

 明け方は非常に寒くて、早朝の体育館は相当に冷え込んでいたのですが、徐々に暖かくなってきました。間もなく予行演習が始まります。

 今日の欠席総数は昨日比微減、インフルエンザの様子は、新発の子供が複数いて、片手では数えられなくなりました。やはり、まだまだです。高熱を訴えて欠席の子供も複数人いて気掛かりです。
 引き続き、気を引き締めていきます。

卒業式に向けて(全体練習:その2)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
20160315(No.242)

 5時間目に2回目の全体練習を行いました。
 写真最上段2枚は入場練習の様子です。エルガー作曲「威風堂々」の有名な旋律に乗って入場します。前後の間隔を取って、それこそ「堂々と」歩く練習を重ねてきました。
 上から2段目の2枚と3段目の1枚は呼びかけ練習で卒業生と在校生が向かい合って並んでいる様子です。卒業生からは2段目の写真のように会場が見えているはずです。
 下段2段4枚は退場練習の様子です。最後の最後、どんな顔つきで退場していくのか、今から期待が膨らみます。晴れ晴れとした表情で巣立っていって欲しい、と願っています。

 ほとんど修正点がなかったので早めに練習を終えました。明日は予行演習です。一通りの流れをつかんで本番に備えます。

インフルエンザ(その15)

20160315(No.241)

 予報が後ろへズレているようで、朝方は雨が残っていてましたが、8:40現在では空は明るくなってきています。このまま回復に向かえば、10:00からの中学校の卒業式は「まずまず」になるようなので、よかったな、と思います。今日の午後から暖かくなれば、「四温」で金曜日まで大丈夫かな、と期待しています。

 昨日、片手に余るとお知らせしたインフルエンザ罹患者数ですが、午後になって複数の「新発」の報告があり、片手では数えられなくなりました。やはり油断は戒めなければならないな、と感じています。
 今日の総欠席者数は昨日比微減で、なかなか「通常」には戻りません。インフルエンザによる出席停止者は、復活した者もいて、今朝の段階では再び「片手」で数えられますが「まだまだ」は昨日の教訓です。風邪の症状(発熱等)で欠席している子供も数人いるので、本日も予防行動をしっかり指導していきます。

 卒業式の練習が佳境に入って、どうしても寒い体育館で体力を消耗します。ご家庭での十分な休養と栄養補給に、どうぞご配慮ください。よろしくお願いいたします。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/5 着任式・始業式
4/6 入学式
富山市立光陽小学校
〒939-8211
富山県富山市二口町一丁目4ー1
TEL:076-425ー2277
FAX:076-425-1700