最新更新日:2018/08/10
本日:count up44
昨日:80
総数:314510
「自分大好き」「友達大好き」「学校大好き」鵜坂っ子を目指します!

6年生 学習発表会を振り返り、さらに高まろう

6年生は朝に学年集会を開き、学習発表会を振り返り、自分たちの成長について話合いました。
「心を一つにして、演じきることができた。」
「6年間でやってきたことを出し切ることができた。」
「みんなで力を合わせると、たくさんの人に感動してもらうことができることが分かった。」

ミュージカルを全力で取り組めたからこそ、子供たちから出てきた言葉なのだと思いました。
この後も素晴らしい仲間と一生懸命にがんばっていきましょう!
画像1 画像1
画像2 画像2

6年生 ユタと不思議な仲間たち

「心を一つに最後まで演じきろう」のスローガンのもと、心を込めて演じきった6年生。演技が終わったあと、役ごとに写真を撮りました。
みんな、やりきったいい笑顔です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生 学習発表会 〜縁の下の力持ち〜

画像1 画像1
画像2 画像2
「ユタと不思議な仲間たち」では、用具運搬や効果音、スポットライト、バック幕などの裏方の仕事でも、子供たちが活躍してくれました。
 自分たちの発表以外でも、会場設営や校内清掃、進行アナウンス、用具運搬など様々な仕事で力を発揮していました。
 学習発表会が大成功したのも、子供たちの頑張りの賜物です。

6年生 「ユタと不思議な仲間たち」を通して

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 フィナーレは、全員で「この地球のどこかで」を歌いました。
終演後、多くの拍手を頂き、子供たちは達成感に満ちあふれていました。
そして、アンコールを頂き、「友達はいいもんだ」を歌いました。

 一人一人が全力で演じた「ユタと不思議な仲間たち」。
そして子供たちの熱演は、体育館中に感動の嵐を巻き起こしました。
「ユタと不思議な仲間たち」には、「仲間の大切さ」「生きていることの素晴らしさ」という二つのメッセージが込められています。演じることで子供たち自身がそのメッセージを心に刻むと共に、客席の多くの人の心にメッセージを届けました。

 6年生は、これからも仲間と命に感謝し、自分の命を一生懸命磨いて、頑張っていきます。

 

6年生 大作たちとの和解、そして座敷童たちとの別れ

「ユタ、悪かったな。握手だ。」
「これからは仲良くしよう。」
大作たちと和解したユタ。

しかし、
「ユタよ、お別れだ。」
「いやだよ。」
「ユタはもう一人ぼっちではねぇ。」
「おめぇが精一杯生きているってことを大切にしてくれれば十分よ。」
「俺たちは確かに、友達だ!」
「本当によかったぞ、お前と出会えてよ・・・。お別れだ。」
座敷童たちとの別れが待っていました。

「僕は、命を磨いて生きていくよ!ありがとう!さようなら!」
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6年生 大作たちとのダンスバトル

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
ユタと大作たちの激しいダンスバトル。
きれのあるダンスから、目が離せません。

6年生 ユタの修行

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
「約束したべ、ユタの力になるって。」

「僕は、本当に弱虫だ。」

「ユタの特訓、始め!」

「よしっ!大作たちと勝負だ!」

6年生 青空教室、雨降りの予言

画像1 画像1
画像2 画像2
あいかわらずいじめられるユタ。
ユタを懸命に助ける座敷童。

「こんないい天気なのに、雨が降るわけないだろ!」

「俺たちが言うこと、信用しろ!」
「今日の三時に雨が降るんだ。」
「ざーざー降りの大雨だ!」

「雨だ!雨だ!大きい雨が降ってきた!」

6年生 座敷童との出会い

画像1 画像1
画像2 画像2
「君たちは?」
「人は俺たちのことを座敷童と呼ぶ!」
「一人ぼっちで寂しそうなユタのそばに、ちゃんといたんだよ。」
「これからは、俺たちが力になってやるから。」

6年生 激しい喧嘩シーンと心温まる寅吉さんとの会話

画像1 画像1
画像2 画像2
「ユタさん、大丈夫?」
「大作たちにひどくやられたな」

「座敷童と友達になってみろ!」
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
行事
1/8 成人の日
富山市立鵜坂小学校
〒939-2717
富山県富山市婦中町上田島68
TEL:076-466-2037
FAX:076-466-5004