最新更新日:2016/09/29
本日:count up73
昨日:150
総数:220919
9月21日(水)〜9月30日(金)は秋の全校交通安全運動の期間です。交通安全に気をつけて事故ない生活をおくりましょう。

体育科 表現運動

画像1 画像1
 ミニハードルが終わり、9月の下旬頃から体育科では表現運動の学習をしています。「しゃきーん」や「どかーん」という紙を掲げると、子どもたちは全身を使って表現します。最初は恥ずかしそうにしていた子も、慣れてくると表情豊かに体を動かしていました。

速星小宝探し

画像1 画像1 画像2 画像2
 火曜日に、速星っ子活動で校内オリエンテーリング「速星小宝探し」を行いました。3時間目と4時間目の時間内に活動し、縦割り班で校内にあるクイズや仲良しゲームを楽しみました。子どもたちの活動後の感想を読むと、「オリエンテーリングで、みんなと力を合わせて仲良く問題に答えられてよかったです。」「クイズを全問正解することはできなかったけれど、ゲーム等でたくさん楽しめたのでよかったです。」と書かれていました。オリエンテーリングを楽しみ、そして班の友達と仲良く協力して活動したことで、満足していました。

選手のみなさんを応援しています

画像1 画像1
画像2 画像2
 5年生は、今年の富山マラソンの応援のぼり旗作りに取り組みました。1組は長崎県、2組はポルトガル、3組は大阪府、4組は長野県のみなさんを応援する旗をそれぞれ担当しました。各学級で選抜された旗のデザインをもとに、180センチメートル程もある登り旗に丁寧に文字やイラストを描きました。富山マラソン当日に立てられるのが楽しみです。選手のみなさん、がんばってください。

下絵も大詰め

 9月から図画工作科の学習で取り組んでいる、学校の写生の下絵が出来上がってきました。だいたいの建物の様子を描き終え、細かい部分を丁寧に表しています。次回から、水彩で色づけしていきます。思うような絵になるようがんばってほしいです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

全校お囃子活動「きらんどゲンキッズ」スタート(桶胴太鼓、締太鼓編)

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日28日(水)から始まった「きらんどゲンキッズ」では、1年生は桶胴太鼓、3年生は締太鼓を担当をすることになり、演奏の練習に取り組みました。1年生は演奏の途中にある踊りを元気よく踊り、3年生は難しいリズムを必死に覚えようと6年生に教わりながらリズムを取っていました。6年生は下級生にリズムや演奏する時の構え等を覚えてもらおうと5年生と共に一生懸命伝えようとしていました。
 第2回は11月2日に行います。そのときには太鼓やチャンチキの代わりとなる道具を使って演奏する予定です。第1回よりも上手に指導できるように6年生は更なる意欲を高めています。

ミシンでエプロンを縫い始めました。

 2学期は、エプロン作りに取り組んでいます。1年ぶりにミシンを使う児童が多く、先生の話をよく聞き初心に戻りながら黙々と進めていました。しかし、去年作っただけはあります。下糸が無くなれば進んでボビンに糸を巻き、手早く縫う準備をしていました。また、速いスピードで縫うこともできるようになりました。手作りエプロンの完成がとても楽しみです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

全校お囃子活動「きらんどゲンキッズ」スタート(長胴・チャンチキ編)

画像1 画像1
画像2 画像2
 新しい速星小学校の伝統「お囃子」を全校のみんなで取り組んでいこうと、今日から「きらんどゲンキッズ」がスタートしました。全校のみんなで演奏する曲は「煌人(きらんど)万歳」です。
 6年生は、5年生と一緒に1〜4年生に割り当てられた楽器のリズムを教えます。
長胴太鼓は、4年生が担当します。6年生が、お手本で長胴太鼓を叩くと、4年生は教室中に響く音色に「おぉ〜」と驚きの声をあげていました。長胴太鼓のリズムのお手本を見せて、「真似をしてみよう」と呼びかけたり、4年生の隣でリズムを打って見せたりして4年生に伝わるように工夫している6年生の子どもたちでした。
 チャンチキという鐘は、2年生が担当します。6年生は、実際の楽器を想定して手の動かし方をして、2年生に合わせて声かけをしていました。2年生は、元気いっぱいでチャンチキのリズムを手拍子で叩いたり、「きらんど!ばんざい!」と声を揃えて出したりすることができました。


随所作主 立処皆真

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 標題の言葉は、「随所(ずいしょ)に主(しゅ)と作(な)れば、立つ処(ところ)皆(みな)、真(しん)なり」と読みます。2012年、サッカー日本代表長谷部誠選手が所属チームであるヴォルフスブルクに残留する気持ちを示す言葉として、ブログのタイトルとした言葉です。少々長くなりますが、引用します。

 「随所作主、立処皆真」

 この言葉は、僕の尊敬する人生の先輩から贈っていただいた言葉です。
 簡単に意味を説明しますと、
 「いつどこにいても、どんな立場でも何ものにも囚われず、常に主体性を持って一生懸命行動すれば、もうそこには真実がある」
 という意味です。
 僕は何かに悩みそうな時はこの言葉を自分の心に投げかけます。
 どこにいても、どんな状況でもそこで頑張る事に意味があると。
 逆に言えば、どこでどんなに素晴らしい所にいてもそこにいる事に満足して頑張る事をしなければ、何も意味がないという事でもありますね。

 今日の昼休み、5・6年生が下学年の子どもたちにこれまで学んできたお囃子の楽器の「技」を伝える「きらんどゲンキッズ」という活動がありました。「技」を伝える上学年、「技」を教わる下学年のいずれもが「随所作主、立処皆真」の心境で臨んでいるように思われました。

 次回も実に楽しみです。

住民運動会でのお囃子披露

画像1 画像1
画像2 画像2
 9月25日(日)に速星地区の住民運動会が行われ、6年生が地域の方々に向けてお囃子の演奏を披露しました。5年生の曲「煌人(きらんど)万歳」と6年生の曲「立山つるぎ」の2曲を披露するのは、今回が初めてで、屋外で演奏するのも初めてでした。子どもたちは、その二つの初めてに緊張したり、不安に思ったりしている部分もあるようでしたが、法被を身につけ、気を引き締めて演奏に臨みました。
 秋晴れの空に、太鼓や篠笛の音が響き渡り、屋内で演奏するのとはひと味違った、演奏になりました。演奏が終わると、地域の方々からの温かい拍手をいただき、子どもたちもほっとしていました。
 
 このような機会をいただけたことに感謝し、さらに心を一つにし演奏を高めていきます。また、楽器の準備や片付け等にご協力いただきました地域、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

挨拶ボランティア5年生

画像1 画像1 画像2 画像2
 先週は、運営委員会のみなさんとのあいさつ運動を5年生が担当しました。あいにく、3日間とも雨でしたが、できる限り校門前であいさつをしました。「朝から大きな声であいさつをすると気持ちいい」と、あいさつ運動を通して、あいさつをもっと広めていきたいという気持ちが高まったようです。これからも気持ちのよいあいさつを進んで行い、朝のスタートを元気よく行っていきたいですね。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
行事予定
10/1 創校記念日
10/4 6年:区域連合音楽会
10/5 学校集金口座振替日
10/6 就学時健康診断

登校許可書

年間行事予定表

富山市立速星小学校
〒939-2706
富山県富山市婦中町速星752
TEL:076-466-2031
FAX:076-466-2464