最新更新日:2018/12/07
本日:count up75
昨日:45
総数:338177

3月11日の給食(#114)

画像1 画像1
今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ 肉じゃが
 ○ ほたてのバターしょうゆ味
 ○ 切り干し大根のケチャップ炒め
です。

 切り干し大根のケチャップ炒めは、回転釜に油をひいて、ベーコンと切り干し大根を炒めます。水を少し加え、それぞれ下茹でしたアスパラガスとピーマンを入れて、コンソメ・みりん・トマトケチャップ・しょうゆで味付けをしてあります。切り干し大根が「麺」だと思えば、見た目は「スパゲッティナポリタン」です。今の季節では珍しいアスパラガス(冷凍ですが・・・)入っていて美味しく仕上がってます!

 先日の記事でも取り上げましたが、
4年前の「今日」3月11日、東北地方は今までにない地震及び津波による大災害に見舞われました。時間は午後2時46分・・・、発生した大地震によってたくさんの死者・行方不明者が出たことや、ニュースで放送される津波の様子を見て「これは今本当に日本で起こってることなのか?」と自分の目を疑ったのを覚えています。「CG(コンピューターグラフィック)なのか」とも思うくらい衝撃的な映像でした。

 発生時刻、私は本校ではない別の学校に勤務しており、午後からの食器の洗浄業務をしていました。富山でも体に感じる地震だったのですが、仕事中で動いていたこともあって全く気付きませんでした。校内放送があったと思うのですが、午後の給食室は食器洗浄機や換気扇の音が大きくて、はっきりと聞こえませんでした。片付けが終わって初めて地震が起こったことを知り、ニュースの衝撃的な映像を見ていた記憶があります。この地震で原子力発電所の事故による放射能漏れの影響から、野菜や食肉・海産物等の「風評被害」が問題になっていました。4年経った今、当時のような問題は少なくなってきていますが、発生当時から放射能だけではなく外国産の食品なども含めて「食の安全」に対する国民の意識は高くなっています。

 「食の安全」・・・。現在でも産地偽装や異物混入、食中毒など食に携わる私達にとっては「他人事ではない!」ニュースが度々報道されています。震災は私たちに、人が生きるために重要な部分を占める「食」を生業としているということ、かつ子どもたちへの食育としての「教育」、子どもたちの「成長を助ける」職業であるという自覚をもって、これからの業務を遂行していかなければいけないなという気持ちにさせられる出来事であったことには間違いありません。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

保健関係書類

学校だより

富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141