最新更新日:2020/08/01
本日:count up1
昨日:14
総数:73906
7月21日から8月31日まで、夏休みです。

7月最後の登園日

7月31日(金)

 よく進む船づくりでは改善に改善を重ね、どうしたらよく進むのかと試してきましたが、船の見て見て発表会はファイナルへ…。「黄色の線まで行ったね」「プールの端っこまで行ったね」と改善の成果も見られ、子供たちも大成功という気持ちだったようです。これまでの船づくりでの研究の成果を称えられ、なんと一人一人に「ちびっこ博士認定証」が渡されました。プロペラで動く船の仕組みは、まだまだ奥深いのでぜひお家でも試してみてくださいね!さらに研究の成果が見られたときは教えてくださいね。
 また、昨日マーブリングしたものをシマシマ模様や水玉模様、ハート模様など好きな形に切って、Tシャツをつくりました。帰りに「これ、わたしの」「かわいいでしょ」とママたちに得意気に話しており、デザイナーに変身した子供たちでした。

 明日から本格的な夏休みです。病気やケガ、事故等に気を付けて元気にお過ごしください。
今度は8月27日の登園日にみんなに会える日を楽しみにしています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

登園日6日目

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
7月30日(木)
 今日はマーブリングをして遊びました。水の上におとしたインクの波模様と紙に写し出される模様との違いの面白さに興味津々の子供たちでした。遊戯室ではNちゃんがみんなで遊ぶのに持ってきてくれた風船を一人一つづつ膨らまして遊びました。大きさも様々でついたり、玉入れのかごに入れたりして楽しみました。そして、登園日の間ずっと研究を続けてきた、「プロペラで走る船」づくりの続きをしました。少しづつ改良を重ねた経験は、「あきらめない」ことを実体験する機会となりました。今日もあっという間の半日でした。

登園日2日目・3日目

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
7月22日(水)・7月27日(月)
 「プロペラで動く船をつくろう」と始めた、船づくり。水に浮かべて、プロペラの回り具合や船の進み具合をいろいろ試しています。

 ○「プロペラをつける、割りばしは、長く出して付けた方がいいんじゃない?」
 ○「ゴム、2個使ったら、どうかな?」
 ○「丸いペットボトルより、四角いペットボトルの方がよく走るのかな?」
 ○「ペットボトルに少し水を入れてみたらどうかな?」

などなど・・・。最後には「みてみて!発表会」をして、お互いの船を見合いっこ。「プロペラで動く船」づくりの研究の成果は如何に??解明が楽しみです。

登園日1日目

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
7月22日(火)
 今日から夏休み。今日は登園日1日目です。先日、お散歩で環水公園へ行ったとき、水上ラインの船が停泊していて、のぞき込むとプロペラが付いていることを発見。「このプロペラが回って、船が動くんだね」と興味深く見てきました。そして今日、「動く船、つくってみようよ」と子供たちに誘い掛け、プロペラの付いた船をみんなでつくりました。
「動くかなぁ」「走らせてみたいな」という願いを叶えるために、プールへ・・・。でも、プールは昨年遊んだきり、そのままです。「おそうじから始めなくちゃね」とみんなでプールを磨いて、掃除しました。きれいになったので、水を溜めて、試運転。うまく進む船、なかなか進まない船とそれぞれです。最後に「みてみて、発表会」をして、友達の船の面白い走り方を見合いっこしました。今日の進み方で納得しなかった子もいたので、明日、うまく進むよう、一緒につくりたいと思います。

「ドラえもんランド」で遊ぼう〜幼稚園の先生たち〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
7月18日(土)
 子供たちとつくった「ドラえもんランド」がとっても楽しい遊び場になったので、他の幼稚園の先生たちにも声をかけて、若い先生を中心にみんなで遊びました。お互い「初めまして」の先生も多かったのですが、次第に打ち解けて、歓声も聞こえてきました。日々、自分の保育に悩んでいる若い先生たちですが、いろいろな遊びのコーナーに「こんなことできるんだ」「こんなやり方もあるんだ」と興味をもって、遊んでいました。子供たちとの遊びの時と同様に「振り返りタイム」を行い、自己紹介と楽しかったことを発表しました。違う幼稚園の先生たちの考えに触れる新鮮な機会となりました。気持ち新たに、子供たちと関わる活力となることを願っています。

富山市立学校 新型コロナウイルス感染症対策検討会議 VOL.5

7月16日付で、学校保健課より新型コロナウイルス感染症対策検討会議だよりVOL.5保護者向けリーフレットが送付されました。
明日配布いたしますので、ご一読ください。ホームページ配布文書にも掲載してあります。

危機感をもって・・・

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日の朝、岐阜県に大雨洪水特別警報が発令され、下呂市の飛騨川が氾濫するなど、テレビでは、「命を守る行動」を何度も呼びかける映像が流れていました。
 そんな中、園のそばを流れる神通川の水位も上がり、神通大橋水位観測所にて「氾濫注意水位」に到達したとの、情報が流れました。登園前に連絡網で、避難時用の雨がっぱを持参してもらうよう、伝達し、園でも緊急事態に備え、準備をしました。
 朝の大雨は、次第に止み、みんなで園の屋上に上がり、「もう川のお水、少なくなったかなぁ」と神通川の土手を眺めていると、「ゴォー」という普段聞いたことのない音が聞こえます。「これ、川の水の音じゃない?」「え〜っ!!凄い!」量の増した川の水が勢いよく流れる音が聞こえたのです。改めて、自然の偉大さを感じると共に、日頃から、災害に対する危機感や備えをしっかりしておく大切さを実感しました。
 まだしばらく、雨の日が続くようです。子供たちの命を守る行動が正しく行えるよう、様々な情報に敏感に、そして冷静に対応していきたいと思います。

小さな芸術家〜フラワーアレンジメント〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6月に入ってから、園庭に梅雨の風物詩「アジサイ」がとってもきれいに咲き誇っています。今日はその「アジサイ」を主役に、神通川の土手に伸びた草花や、園庭の植物を自由に使って、フラワーアレンジメントを楽しみました。土手へ行って使いたい草花を自分で選び、ハサミで切ってきました。使うアジサイも自分で選び、切り取り、アレンジメントの始まり。あれこれ草花を手に取っては、角度や長さを考えながら、刺していく姿は「小さな芸術家」です。仕上がりも11人11色。「みんなちがって、みんないい」です。自慢げにおうちの方に見せ、持ち帰りました。

七夕飾りをつくろう(親子サークル)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 昨日に引き続き、親子サークルがありました。昨日からまた一人増えて、とっても賑やか。窓や戸を全開にして、換気十分な中で、今日は、「七夕飾りづくり」を親子で楽しみました。かわいい織姫、彦星、そして間を流れる天の川をママと一緒につくり、笹竹に結びました。笹竹を掲げて満足そうな子供たちでした。

久しぶりの体操教室

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
7月2日(木)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止していた体操教室を7月から始めました。久しぶりに体操服の袖に腕を通した青組さん。初めて体操服を着て登園した桃組さん。体操教室の三鍋先生のスキンヘッドと元気な声に、「あー、先生だ!」と懐かしさと共に、ワクワク感が沸き上がりました。リズム体操も元気いっぱい。柔軟体操の掛け声も園内に響き渡りました。両足ジャンプ、スキップ、馬歩き、ワニ歩き、クモ歩き等、いろいろな動きのかけっこに挑戦しました。3か月の体操教室のお休みを感じさせない、力強い動きの子供たちに頼もしさを感じました。また、中止にならないよう、感染予防をしっかりしながら、体操教室の先生にたくさん運動を教えてもらおうね。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
愛宕幼稚園
〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-5-14
TEL:076-432-8625
FAX:076-432-8625