最新更新日:2020/11/30
本日:count up1
昨日:20
総数:76554
9月1日より2学期が始まりました。新型コロナウイルス感染予防対策を行いながら、毎日元気に楽しく過ごしていきましょう。

涼しい木陰で遊ぼう!

画像1 画像1
画像2 画像2
6月15日(月)

 どんたくんの榎の下へ行くとさわやかな風が通り抜け、とても涼しく感じることができます。そんな木陰で今日は「猛獣狩りゲーム」をしました。サル、キリン、マントヒヒ等いろいろな動物の名前の文字数に合わせて仲間を集めるゲームです。桃組さんも青組さんも一緒に活動することが増え「一緒になろう」と声をかけ、誰とでも仲間になれる姿に微笑ましく思いました。
 いろいろな集団ゲームを通して、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わったり、ルールを守ると遊びがもっと楽しくなることを気付いたりできるように関わっていきたいと思います。
 

7月より親子サークルが始まります!

画像1 画像1
 5月より、開始予定でした「親子サークル」が、新型コロナウイルス感染拡大防止のための休園等により延期となっておりましたが、6月より園が再開したことを受けまして、7月より開始することとなりました。
 申し込みをされていない方も、定員に達していないことから、参加希望をお受けいたしますので、ご相談ください。  
              (愛宕幼稚園 076−432−8625)

 参加対象:未就園のお子様(0歳〜4歳)とその保護者
 場  所:愛宕幼稚園 なかよしルーム
 時  間:10:00〜11:00
 持ちもの:水分補給のための飲み物、着替え等各自必要なもの
      
※新型コロナウイルス感染予防のため、3歳以上のお子様および保護者の方はマスク 着用でお願いいたします。また、園に入られる前に玄関にて検温、手指消毒を行います。体調がすぐれないときは、参加を控えてくださるよう、ご協力お願いいたします。

どんな鳥にしようかな

画像1 画像1
画像2 画像2
6月12日(金)

 ドラえもんランドで鳥探しをしたいNちゃん。本物の鳥みたいにしたいということで、素材に悩みながらも、先日紙粘土でセキセイインコをつくりました。1匹だと寂しいからと今日はみんなでつくってみることにしました。図鑑を見ながら「オカリナにしようかな」とつくる子もいれば、オリジナルの鳥をイメージしてつくる子もおり、「頭は黄色にしたい」「ピンク色もください」と子供たちの要望やアイディアが溢れていました。桃組さんも「この粘土、気持ちよすぎ」と感触を楽しみながらそれぞれの鳥をつくっていました。今日は友達も一緒に鳥の仲間をつくってくれて、Nちゃんは「楽しかった」と嬉しそうな表情が見られました。みんなで取り組むことで、楽しさを共有することができ、友達に力を貸したり貸してもらったりする心地良さを味わっていってほしいと思っています。

雨の日の発見

6月12日(金)
 
 今日は朝から雨模様。みんなで傘をさして歩くことが新鮮だったようで、「雨雨降れ降れ、母さんが〜」と歌声が聞こえてきました。榎の木の下へ行ってみると「あれ、雨があんまり当たらない」と不思議そうな表情をしている子もいました。
 園庭でカタツムリを探したり傘に当たる雨音を聞いたりして、雨の日ならではの発見をしたり楽しさを味わったりすることができました。
 
 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

仲間が増えたよ!

6月12日(金)

 今朝、メダカの水槽を覗いてみると、またまたヒメダカの卵を発見!とっても小さい卵ですが、子供たちは「あった!」「見えた」と大はしゃぎ。その小さな卵をよーく見ると、目玉になるであろう黒い点が二つ。小さいながらに生きている証が見え、神秘的でした。
 お部屋にはカタツムリも仲間入りし、カタツムリが動く様子を興味津々の様子で見ている子供たちでした。
 いろいろな小動物に触れる中で、生命の不思議さや尊さに気付き、命の大切にする気持ちを育んでいきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

魚釣り、おもしろそう!

画像1 画像1
画像2 画像2
6月11日(木)

 ドラえもんランドで魚釣りをしたいと提案したY君。友達からも「お魚つくりたい」「魚釣りしたい」と声が聞かれ、釣ってみたい魚やタコ、イカ等をつくりました。傘袋やフードパックにお花紙をしましま模様に詰めたり、タフロンテープをタコの足に見立てたりして身近な素材でいろいろな水辺の生き物ができました。年長児の中には図鑑をよく見て、形や色、模様を再現しようとしている子もおり、思いのこもった魚ができました。より実物に近い魚にしたいという思いをくみ取り、一人一人が満足感を得られるよう関わっていきたいと思います。
 魚ができ「磁石でくっつくようにしたい」ということで、磁石付きの竿を子供たちと準備すると、「次、僕もしたいから替わってね」「カニを狙おうかな」と友達と言葉を交わしながら楽しんでいました。
 少しずつですが、子供たちのやってみたい遊びが形になり、ワクワク感が膨らんできているようです。

新型コロナウイルス感染症対策検討会議だより

 6月11日付にて、富山市教育委員会学校保健課より、富山市立学校新型コロナウイルス感染対策検討会議だよりVOL.2の送付がありました。
 今日、各家庭に配布しましたので、ご覧ください。

 ※ホームページ配布文書にも掲載してあります。

テトリスづくりにチャレンジ

6月10日(水)

 今日はドラえもんランドで遊びたいゲームの一つでもあるテトリスづくりに挑戦しました。テトリスを再現するためには、同じ長さのピースが必要であるということに気付いたI君。正方形に切った段ボールを複数準備すると、長細くつなげたり、四角にしたりとそれぞれのピースが出来上がりました。子供たちはいろいろな角度に動かして「ワンちゃんみたいのできた」「お家できたよ」と楽しんでいました。最後に「先生と一緒の形ができるかな」とお題を出すと「できた」「一緒」と正方形を完成させていました。できた形をみんなでつなげてみるととっても長くなりました。いろいろな形を組み合わせて空間を埋めていくところが面白かったようです。
 今度はどんなゲームにしていくかを相談しながら進めていきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

大きなケーキをつくってみよう!

6月9日(火)
 
 暑さが増し、砂場に水をまいたりシャワーコーナーをつくると「キャー」と言いながらシャワーに近づく子供たち。暑い日はやっぱりお水を触ると気持ちいいですよね。
 最後に大きなタライを準備し「これで大きなケーキ、つくれるかな」と投げかけてみると「みんなの力でならできる」「みんなでつくろう」とスコップでタライに砂を入れる子、平らにならす子、水をかける子とそれぞれ役割を分担していました。そしていざ、ひっくり返してみると、砂が流れ出てしまい失敗。「あーあ」と残念な心の声の後に「もう1回しよう」という声が聞かれ、みんなも賛同。もう1度やってみたらまん丸巨大ケーキができました。型抜きで飾り付けをしたり、石鹸クリームでデコレーションしたりと素敵なケーキが出来上がりました。最近幼稚園のメダカの卵が産まれたことにちなんでメダカちゃんのお祝いしました。「こんなに大きいケーキ、食べきれないかもね」と心配している子もいました。
 今日のケーキづくりでは、友達と力を合わせる心地よさや、失敗してもやればできる気持ちをみんなで体験することができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

新作のクッキーはいかがですか

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
6月9日(火)
 
 月曜日に赤土でつくった生地を型抜きして太陽の光がよく当たるお日様オーブンで焼きました。今朝見てみると「わーすごい」「カチカチになってる」「ハートのクッキーおいしそう」などと驚きの声が聞こえてきました。せっかくできたクッキーをあたごカフェの仲間に加えられたらと思い、ラッピング袋やトレイを準備すると、より本物のクッキーのように変身。早速「いらっしゃいませー」と店員さんの声が聞こえてきました。
 赤土は粘り気があり、水の加減できれいな型抜きにならないこともあります。先週からの経験で「もう少し水を入れた方がいいよ」「ドロドロすぎるから、赤土を入れたらいいよ」と気付いたことを友達に教えてあげる姿も見られました。その気付きや友達に伝える姿を認めながら、子供たちの今日の満足感、明日やってみようという気持ちにつなげていきたいと思います。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
愛宕幼稚園
〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-5-14
TEL:076-432-8625
FAX:076-432-8625