最新更新日:2022/03/31
本日:count up1
昨日:1
総数:88877
愛宕幼稚園は令和4年3月31日をもって閉園いたしました。長い間、ありがとうございました。

生活発表会・その1

画像1 画像1 画像2 画像2
きょうはみんな楽しみにしていた生活発表会。インフルエンザが心配でしたが、ももぐみ、あおぐみ全員元気に登園しました。

どんぐり、見〜つけた!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日は秋晴のよい天気になり、みんなでどんぐり拾いに行くことにしました。もも組さんは登園した子から、どんぐりを入れる空き箱バッグを作りました。「早く行きたいな」と出来たばかりのバッグを早々にかけて楽しみにしていました。いざ出発!最初は環水公園へ探しに行きました。拾いきれない程のどんぐりが落ちています。「あっ、あった!」と地面とにらめっこ・・・黙々と拾う子どもたち。そのうち「見て、こんなちっちゃいの。赤ちゃんどんぐりー!」「これ帽子ついてるよ」「こんないっぱいつながってる」と形態や大きさがそれぞれ違うことに面白さを感じ、なかなかその場を離れがたいようでした。次のどんぐり探しの場所に出発しようと並んでいると、「僕のこんな音」「私のはこんな音」とどんぐりの入った空き箱バックを振り始めました。箱の紙質や入っているどんぐりの量が違うと音も違うこと発見。その場で「どんぐりころころ」の歌に合わせて合奏ごっこを楽しみました。
 そして今度は運河沿いを歩き、違う種類のどんぐりを探しに行きました。「わぁ、丸いの見つけた!かわい〜!」「栗みたい」「こんな細いのも見つけた!」とまたまた宝探しの始まり。子供たちのバックや袋はた〜くさんのどんぐりでいっぱいになりました。
 給食が終わってから早速あお組さんでは、どんぐりの指輪やネックレス作り、どんぐりこまやどんぐり転がしが始まりました。これからますます盛り上がりそうです。「おうちの人に見せてから幼稚園で使うのに置いていってもいいよ」と声をかけましたが、ほとんどの子は大事に持ち帰りました。今日の楽しい思いがいっぱい詰まった特別などんぐりなのでしょう。これからも秋の自然に触れる機会を多くもち、遊びの中にも取り入れながら、身近な物を使って遊ぶ経験を通して子どもの遊ぶ力を育てていきたいと思っています。また、土日を利用して、親子でいろいろな話をしながら、どんぐり拾いもいいですね。きっと温かな心の通い合いがあることでしょう。

交通安全に気をつけます!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 昨日、交通安全教室がありました。最初はパネルシアターでチャイルドシートを必ず装着すること、登園時には車から飛び出して行かないことを約束しました。次に横断歩道の渡り方の話を聞き、実際遊戯室に敷かれた横断歩道を渡ってみました。「そんなん簡単」「もう分かっとる」と言っていた子どもたちも信号を見、右左を確認し、手をあげて渡ることがなかなかできておらず、改めて正しい渡り方を認識する機会となりました。最後に赤・青・黄のカードを見て3つの動きをすばやくするというゲームをしました。色だけでなく絵も加わると、ついてくのに必死でみんな真剣でした。自分で身を守るための大切な知識としてこれからもいろんな機会を通して身につけていきたいと思っています。

見て、見て!こんなに大きいよ!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 昨日、呉羽にある学校農園でさつま芋堀りをしてきました。前日から心配していた天候も何とかもちそうだったので決行しました。「てるてる坊主作らなくっちゃ」と行けるのを楽しみにしていた子どもたちは大喜びです。早速バスに乗って、出発しました。農園に着き、畑のお世話をしてくださった方にお礼を言ってから、まず青さんが一畝分の畑の芋のつるを引っ張りました。つるを引っ張ってもすぐ切れてしまい、芋の顔が見えてきません。「お芋どこにあるが?」と不思議そう・・・。今年はつるが腐っていてなかなかつるに芋がついてこず、やっとついてきた小さな芋を見て、つるにつながって土の中に芋ができていることに気付いたようでした。そしてみんなで土を掘り、芋探しの始まり!早々とでか〜いお芋を抱えて「ほら〜!!」と高く掲げて見せる子、掘っても掘っても見つからず、やっとち〜いさなお芋に出会えた子などなど。お手伝いのお母
さんや先生に手伝ってもらって全員大きなお芋を手にすることができました。その後すぐにお弁当にしましたが、雨がぱらぱら・・・そのうちどんどんひどくなってきて慌ててふたをし、園に帰ってきました。帰ってからピクニック第2弾、残りのお弁当をゆっくり食べ遊んで、掘りたてのお芋をお土産に持って降園しました。夕飯にはどんなさつま
芋料理が食卓に並んだのでしょう??今日の子供たちの話が楽しみです。


ピ〜クニック!ピ〜クニック!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日は芝園小学校が振替休業日で給食もお休み。幼稚園はお弁当の日でした。以前から「せっかくだから、お弁当もってどこか行きたいね」と職員間で話し、「新奥田公園」へ出かけることにしていました。今日は天気も良く、絶好の“ピクニック”日和、そして久々の園外保育にワクワク、気持ちも体も弾みながら歩いていきました。「新奥田公園」は今年の6月にできたばかりの公園で、この近所に住む子も多く「行ったことある」と口々に聞かれましたが、お友達と「ここ行こう!」「一緒に滑り台しよう!」と誘い合いキャーキャーはしゃぐ姿に、おうちから来たときとはまた違った楽しさを味わえるのだなぁと感じました。また、公園への行き帰りに黄色や赤色に彩り始めている葉っぱやとんぼ、コスモス、いちょうやどんぐりのまだ幼い実を見つけ、秋の香りをいっぱい
感じとってきました。これからもこの季節ならではの活動や遊びをいっぱい楽しんでいきたいと思います。

めざせ、ゴール!!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日、親子で「親子オリエンテーリング」を楽しみました。天候にも恵まれ、地図を見ながら、園周辺や土手に置かれた10のポイントの設問に答えてゴールを目指します。まず、各自使うカードに色を塗って仕上げる作業をお遊戯室でしました。仕上がった親子から出発!コースも逆から回るコースと2コースにし、1家族単位で回れるようにしました。最初は子どもよりはりきって出発したお母さんですが、途中見てみると、先へ先へ走っていく子どものずっと後ろから疲れぎみの表情でついて来るお母さんがが・・・。かと思うと子どもより夢中で次々と回り、設問にも真剣に悩み「先生、内緒で教えて〜!」とすがったり、携帯電話を開いて調べたりするお母さんもいました。いつもは先生やお友達と歩くコースもおうちの方とのんびり回ることで、子どもたちはまた新鮮で「楽しかった〜!!」と大満足でした。「歩く」機会がなかなかない今の私たち。「疲れた〜」の中にも何か歩くことで感じる心地よさや親子のふれあいの喜びを味わってもらうことができていたらいいな、と思いました。

スリル満点!そり遊び

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 昨日、青組桃組一緒に2学期初めてのお散歩に出かけました。出かけた先は幼稚園裏の神通川の土手。秋風が心地よく、耳を澄ますと虫の声も聞こえてきます。エノコロ草を摘んでお友達とこちょこちょしあいながら、のんびり歩いてきました。そして毎年恒例の段ボールでのそり遊びもしました。草ののび具合で滑るスピードが違ってくるのですが、滑ってみると思っていた以上に滑る、滑る!!もも組さんは初めての経験で「キャー」と叫びながら、滑り降りては「もう一回!」と繰り返し楽しんでいました。青さんは去年の経験もあり、4つんばいになって滑ったり、中腰になって滑ったりいろいろな滑り方を楽しんでいました。また草の間をピョンピョン飛ぶバッタと夢中で追いかけっこしている子もいました。明日はこの自然いっぱいの土手や園周辺で「親子オリエンテーリング」を行います。秋ならではの楽しい遊びをいっぱいしていきたいと思っています。

ママとハイタッチ!!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 6日の日曜日に旧愛宕小学校の体育館で「親子ふれあい活動」を行いました。オカヘルスアップスタジオの大家先生に来ていただき、タオルを使ったふれあい遊びや、段ボールと新聞紙の棒を使ってだるま落としをしたり、太鼓にして一緒にたたいたりと、日ごろゆっくり向き合う機会がもてない分、十分に触れ合い笑い合う親子の姿にとても温かい気持ちになりました。「体と体を触れ合わせることで「あなたがいるだけで嬉しいよ」という気持ちが伝わるんですよ」という大家先生の最後の言葉に大きくうなずかされました。そして第2弾は紙飛行機作りを親子で楽しみました。作り方の紙と真剣ににらめっこして折っているお父さんお母さんの横でどんな飛行機ができるのかな、とわくわく待っている子どもたち。いろいろな飛び方をする飛行機に夢中になっていたのは子どもたちはもちろんお父さんお母さんもでした。今日の活動が親子の心を満たし、絆を深める機会となったのではと職員も実感しました。今後もこのような機会を多くもち、子どもへの愛情、そしておうちの方の愛情を互いに感じ、よりよい親子関係作りの支援をしていきたいと思っています。

2学期が始まったよ!!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 いよいよ、2学期が始まりました。新型インフルエンザの心配もありましたが、みんな元気に登園しました。先週3日間の登園日では、久々のお友達や先生との再会に喜ぶ子もいれば、「ママとがいい・・・」とゆったりおうちでかかわってもらいその居心地の良さからなかなか切り替えられない子もいました。でも水遊びをしたり、すいかわりをしたり、誕生会では「愛宕縁日・スーパーボールすくい」を楽しんだり、年長さんが育てた枝豆を収穫し茹でて食べたりして、やっぱり幼稚園って楽しい、と笑顔で帰る毎日でした。今日は4人の転入のお友達も仲間入りし、さらに富山大学から4人の実習生も来て、幼稚園には活気が戻り、ますます賑やかになりました。今年は冷夏で夏ならではの過ごし方ができなかったのでは、と思っていましたが、子供たちが持参した「夏のおもいで」には、旅行へ行ったりバーべキューや花火をしたりと楽しかったことがた〜くさん写真や絵で描かれていました。「こんなことしたの?」と聞くと何倍にもなって子供たちの口から楽しかった話が返ってきて、一緒に行ったような楽しい気分を味わわせてもらいました。2学期も笑顔いっぱいの毎日になるよう、楽しく過していきたいと思っています。

お泊り保育、楽しかったね!

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 7月18日・19日の1泊2日、呉羽青少年自然の家でお泊り保育をしました。前夜からの大雨で戸外での活動が出来るかとても心配でしたが、曇り空の中18日はお父さんやお母さん方が計画準備してくださった、ザリガニ釣り・スイカ割り・オリエンテーリングをしました。ザリガニ釣りでは全員釣ることができました。オリエンテーリングではお父さん隊長・お母さん副隊長の下、森の中にある赤ピンを探し、クイズに答えたり、園長先生が木にぶら下げたおやつを探したりとグループで頑張りました。夜には、池の周りを一人で歩き、最後にお墓の中からお土産を取ってくる肝試しをしました。夜といっても7時ごろはまだ明るいのですが、気持ちで怖さが増すのです。一人で行けそうにない人は友達と一緒に歩くことにしました。途中、何人かのお父さんたちがお化けに変装して待っているのです。最後にお化けさんとみんなで記念撮影をして、お風呂に入り、背中の流しっこもしました。夜はみんな、ぐっすりと眠りにつきました。
 翌日は、ターザンロープや筏乗りに挑戦です。池の上をロープで行ったり来たり。怖さがちょっぴりありましたが、戻ってきたときの子どもたちの笑顔がとってもすてきでした。とってもいい思い出ができました。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
愛宕幼稚園
〒930-0859
富山県富山市牛島本町2-5-14
TEL:076-432-8625
FAX:076-432-8625