最新更新日:2017/10/19
本日:count up255
昨日:304
総数:208305
杉原中学校のホームページにようこそ!!生徒の活躍をご覧ください!!

第2学期終業式

 12月22日(木)に2学期の学校生活を振り返っての体験発表会と終業式が行われました。まずはじめに、各学年の代表がそれぞれ2学期の生活を振り返ってがんばったことや改善したいことなど体験から学んだことを発表しました。その後、2学期の終業式が行われ、中坪校長より次のような式辞がありました。

<中坪正美校長からの式辞>
 今日で2学期が終わり、明日から1月10日の始業式まで18日間の冬休みに入ります。皆さんは2学期をどんな学期にできたでしょうか。
 全体として、9月の体育大会に始まり、十四歳の挑戦、市中文祭出場、県中学駅伝や各部活動での活躍、緑杉祭・コーラスフェスティバル、後期生徒会の発足など、感動の名場面が次々と浮かびます。いつでも杉原中学校は一致団結し、チームワークのよさを最大限に生かして、成果をしっかり出せたと思います。
 1年生は中学校生活に慣れ、2年生、3年生を手本に、役割を自覚して責任を果そうと頑張っています。また、学年生徒会で、一人一人の個性を大切にし、さらに仲良く、協力し合える学年づくりを目指しています。
2年生は、社会に学ぶ「十四歳の挑戦」で、世の中の温かさと厳しさを体験しました。五日間、無事故で多くを学び得たことは、目的意識と集中力の高さを示すものであり、その後の学校生活にも安定感が出つつあると感じます。
 また、11月には2年生を中心に後期生徒会が発足しました。3年生がこれまで、リードし立派に築き上げてきた杉原中学校の校風を引き継ぎ、さらによりよい学校づくりを目指しており、今後が楽しみです。
  そして、3年生は進路を自分で最終決定し、自立への第一歩を踏み出す事になります。当面の目標は、高等学校、高等専門学校への合格を目指す事です。しかし、これは人生の最終目的ではありません。その先にまだまだ長い人生があります。大切なのは、初めての大きな試練を前にし、「要領よく合格できればそれでよい」などと易きに付くのではなく、志を高く掲げ「与えられた運命や困難に立ち向かう、たくましい人間」に成長することです。3学年はこれまで、校史に残る輝かしい栄光を修めました。これもチームワークを大切にし、自他共に高めあえる質の高い集団づくりに成功したからです。この後ラストスパートをかけるにあたり、今までのように、仲良く落ち着いて教え合い、励まし合い、納得できる進路選択をして下さい。
  最後に、今年を総括し、新年への夢や希望をもつ時、忘れてならないのが東日本大震災から得た教訓です。その一つが、多くの命を救い心を支えた絆です。絆は、断ちがたい人と人との結びつきという意味です。断ちがたい人とは家族・親戚・友人・先輩・近所の方々等ではないでしょうか。絆で結ばれる人が多い程、人は幸せであり、リスクに立ち向かい、目標を実現可能にする強い集団を形成します。冬休みは、絆で結ばれた家族や友人と過ごす時間が多くあります。絆を大切にするには、プラス思考で、思いやりのある言葉を発信することが大切です。皆さんから温かく、賢い言葉を発信し、家族や友人に幸せの連鎖反応が起これば、自分もみんなも前向きに生きていけるでしょう。言葉、自分、そして絆を大切に、よい冬休みにして下さい。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
富山市立杉原中学校
〒939-2303
富山県富山市八尾町大杉84
TEL:076-454-2514
FAX:076-454-2154