最新更新日:2017/12/15
本日:count up80
昨日:246
総数:303111
知性 豊かに  理想 高く  誠実に 生きる

生徒会認証式「校長激励のことば」

11月8日(水)5限に、後期生徒会認証式が行われ、吉崎校長先生から新執行部に認証書が手渡されました。その後、激励のことばがありました。その全文です。

 ただ今、新執行部の皆さんに認証書をお渡し致しましたが、皆さんの公約からは「西中をよくしたい」という強い思いが伝わってきました。新執行部の皆さんには、何のために立候補し、誰のために活動するのかを、もう一度考えて、そのためにどうしたらよいのか考え、日常の活動を大切にして、是非成果を上げるために努力してほしいと思います。
さて、全校生徒の皆さん、皆さんは『空に向かってつばを吐く』ということばを知っていますか。これは、愚かな行為や、考えのない行いのことをいうことばです。つばを吐くという行為は、風邪をひいた時やタバコを吸う人が口の中がいがらっぽくなった時、歯医者に行った時などに、口の中が気持ち悪くなりとても貯めておけなくなった時にしますが、吐く時は、たいてい洗面所に吐いたり、ティッシュに包んでゴミ箱に捨てたりします。ところが世の中には、少なくなりましたが、所構わずつばを吐く人もいます。でも、そんな訳の分からないような人でも、空に向かっては吐きません。どうなるか分かっているからです。空に向かって吐く人はいないはずです…がいるのです、本校にも…。それは、『法律を犯す人』、『校則に違反する人』、『マナーを守らない人』です。なぜ、それが、『空に向かってつばを吐く』事なのかを説明します。
 先日行われた高校説明会の時、富山商業高校の先生が3年生の話を聞く態度を見てほめられました。それには裏話があります。富商の先生は、西中に来る前は「西部中学校に行ったら、まず最初に怒鳴りつける」つもりだったそうです。ところが、西中の3年生の態度があまりにもよかったので予定を変えてほめたのだそうです。このことは、裏を返せば、富商の先生方のこれまでの西中に対するイメージが悪かったと言えます。それが今年は違っていたからほめられたということになります。西中生のたった一人の行動でも見ている人がいると言うことですし、その行動が悪ければ、それが自分の身に降りかかってくる、だから、『空に向かってつばを吐く』と言ったのです。『法律を犯す人』、『校則に違反する人』、『マナーを守らない人』は、西中のイメージを悪くします。その人だけでなく西中全体に悪影響が及びます。それだけではなく後輩たちにも影響が及びます。逆に、よいイメージは西中生全体や後輩たちにもよい影響を与えます。今、生徒会の新執行部が発足しました。新執行部には、西中をよくしたいという強い思いを感じます。しかし、その思いは執行部だけで達成できるものではありません。フォローする人がいなければ達成できません。今こそ、西中が変わる時です。全生徒が自分の行動を振り返り、全生徒で執行部をフォローし、『誰もが安心して学べる』新しい西部中学校をつくりましょう。先生方にもお願いします。学年、学級の実態に応じて、私の話のフォローをお願いします。また、新執行部の思いが達成できるように、この後のフォローをお願いしたいと思います。強いては、それが、生徒や保護者、地域が望んでいる西中をつくることになりますし、私達教師が望む西中をつくることにつながります。切にお願いいたします。

画像1 画像1 画像2 画像2

2学期始業式

画像1 画像1
8月29日火)、例年より3日早く2学期始業式が行われました。式辞の中で吉崎校長は、「世界がもし100人の村だったら」の話を元に、前向きに生きようと呼びかけました。以下はその全文です。

 今日から2学期、新しい学期が始まりますが、皆さんはいろいろな思いで今日の日を迎えた事でしょう。 今までの自分を変えようと「2学期はがんばるぞ!」と、新しい気持ちで登校した人、夏ばてで力が入らない人、「ああまた始まるんだなぁ」と気が重い人もいることでしょう。 そんな、ちょっと気が重いという人のために、前向きになれるかもしれないという話をしてみたいと思います。 「世界がもし、100人の村だったら」という話は、皆さんが聞いたことがあると思います。この話は、アメリカの中学校の先生が、自分が教えた生徒達に、次のような内容のメールを流したことが発端で、そのメールが、JTBサンフランシスコ支店を経由して、日本のJTBに送られてきたものがマスコミなどを通して広がったようです。 その内容をざっと紹介します。 世界を100人の村に縮小するとどうなるか。 その村には「57人のアジア人、21人のヨーロッパ人、14人の南北アメリカ人、8人のアフリカ人がいます。70人が有色人種で、30人が白人。70人がキリスト教以外の人で、30人がキリスト教。」に始まり、次のように続きます。「6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍。 80人は標準以下の居住環境に住み、50人は栄養失調に苦しみ、1人が瀕死の状態にあり、1人は今、生まれようとしています。」 さらに、「1人(そうたった1人だけ)は大学の教育を受け、そしてたった1人だけがコンピュータを所有しています。」と続きます。  その上で、自分と違う人を理解することがいかに必要か」を説いています。 この縮図の数字の根拠ははっきりしません。少し変な数字も混じっているように思いますが、しかし、このように縮小して考えてみると、事の重要さがよくわかります。 世界一豊かな国に住む皆さんが、自分と違う人がとてもたくさんいること、また、その人達が自分とどこが違うのかを理解することはとても大切なことだと思います。 その先生はまた、「あなたが朝目覚めた時、健康だと感じれば、今週生き残ることができないであろう百万人より恵まれているし、もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所があるのなら、あなたは世界の75%の人たちより恵まれています。」と解説しています。 とかく私達は、自分の不運や不幸にばかり目がいき、そのことを嘆き、悲しむことが多いように思います。今言った、100人の村にいる2人の日本人として、他の98人のことを考えれば、もっと前向きになれるような気がしませんか。 2学期は、体育大会を始めに、秋の総合競技大会、合唱コンクール、学習発表会など、多くの学校行事が予定されています。 これらの行事は、あなたのよさを最大限に発揮し、協力し合わないと、その目標が達成できない行事ばかりです。 所属する団や、所属する部や、所属するクラスのために、あなたのよさをどう発揮すればよいか、自分で考え、それぞれの目標達成のために、新たな気持ちでチャレンジしてほしいと思います。

1学期終業式

画像1 画像1
7月20日(木) 1学期終業式が行われ、吉崎校長が式辞の中で「目標を立てるコツ」について話されました。以下はその全文です。

 おとといから、昨日にかけて降り続いた大雨は、西日本の各地に土砂崩れなどが相次ぎ、長野・島根・福井県など6つの県で、12名が亡くなり、12名が行方不明となっています。 2年前、台風23号の時に、有沢新町など床下浸水などの被害にあった皆さんの中には、一晩中眠れなかった人も多いのではないでしょうか。引き続き警戒が必要と言うことですが、今日は雨もやみ、日差しを感じることができ、ほっと一安心しています。 さて今日は1学期の終わりの日、終業式の日です。終業式は、学校生活の中で、大きな節目の行事の1つと言えます。 私達人間は、人生の節目、節目で、それまでの反省と次の目標を立てて、気持ちを新たにしてきました。これは、他の動物にはない、生きるための知恵と言えます。夏休みを前に、皆さんに1つお願いがあります。それは、夏休みの間に、ぜひ1学期を振り返る時間を持ってほしいということです。その1学期の反省を基に、新しい目標を持って、新しい気持ちで2学期を迎えてほしいと願っています。 そこで今日は、その目標を 必ず達成するための、3つのコツを教えましょう。
一つ目は、達成可能な目標を設定すること。少しがんばれば達成できそうなものにすることです。 現実的な目標であること。的はずれな目標では達成はかないません。二つ目は、犠牲を払う覚悟をすること。 望んでいるものを手にするためには、時には何か別のものを手放さなくてはなりません。そのことを肝に銘じておきましょう。三つ目は、必要と思われる倍の行動をすること。 結果を出すために必要と思う行動を、その倍起こすことが大切です。 また、その目標に向かって行動を起こすのは、他の誰でもない、 「 あなた自身 」であることを確認しておきましょう。 アメリカ大リーグ、マリナーズのイチロー選手は、毎年、シーズン前に、「今年の目標は?」とマスコミ関係者に聞かれて、いつも同じ答えをしています。それは「いつもと変わりはありません」と言うものです。彼が言う「変わりがない」というのは、「グランドの上でも、グランドの外でも、ベストの準備を行うこと」その姿勢に変わりがないと言っているのです。その彼が、どの選手よりも早く球場へ到着して、念入りに準備運動を行うことは、同じ大リーグの選手の間でもよく知られています。「準備を行う」ことは、誰でもできますが、「ベストの準備」となると、人によって思いは異なりますし、「グランドの外でも」となるとかなり厳しい目標になります。 イチロー選手は、誰にでもできる簡単なことでも、徹底してやれば大リーグ記録を塗り替えることもできる。と言うことを私たちに教えてくれています。今言ったことを、頭の隅に置いて、自分の、自分のための目標に向かって努力してみてはいかがでしょうか。

1学期始業式

画像1 画像1
4月5日(水)平成18年度第1学期始業式が行われました。校長は式辞で、「目標の立て方」について、大リーグマリナーズのイチロー選手の例を元に話されました。以下はその全文です。

 平成18年度の西部中学校は 新1年生が118名 新2年生が137名 新3年生が163名 生徒の合計が418名 先生方と職員の方々が36名 合わせると454名で西部中学校がスタートします。 今日から新学期が始まります。3年生は、いよいよ中学校生活最後の1年間となります。卒業時には、自分で選んだ進路に向かうことになります。自分が将来どんな道に進みたいのか、自分の趣味や関心のあること、また自分のよさを生かす道は何かをじっくり時間をかけて考えてほしいと思います。 2年生は、今年度大きな社会体験が待っています。1週間、学校を離れて、いろいろな体験をする社会に学ぶ14歳の挑戦があります。とても大変ですが、「やってとてもよかった」という感想がほとんどの、充実感あふれる1週間です。両学年とも、とても充実した、また、とてもやりがいのある1年間になると思います。
さて、話は変わりますが、毎年のように私たちは、新しい年度を迎えるたびに、過ぎた一年を振り返り、次の一年の目標を立て、決意を新たにしています。 新年度のスタートに当たって、その、目標の立て方について少し話をしてみたいと思います。 アメリカ大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、どんな大記録を作った時も「一つの通過点です」と語っています。 これはどういう意味なのでしょうか。そのイチロー選手が、日本でプレーしていた頃、彼のメンタルトレーニングを担当していらした大学の先生は、「イチロー選手は、目標の立て方がとても上手です。」と言っていらっしゃいます。 イチロー選手の目標は、他の選手達が言うような「大リーグの選手になりたい」とか「新人王をとりたい」とか言うものではありません。まだ日本でプレイしている時に「チームメートや他の選手が憧れるような選手になる」と言うものです。この目標は、日本でも通用するし、大リーグに行っても通用する、野球を続ける限り、環境が変わっても持ち続けることができる目標と言えます。 イチロー選手のファインプレイを見て、選手の誰かが「すごい」と思えば達成できたと言えるような、イチロー選手にとってとても簡単な目標のように思えますが、その数を限りなく多くすれば、終わりのない、とてつもなく高い目標であるとも言えます。そのような目標を立てていたからこそ、優勝の望みがなくなり、他の選手が投げやりなプレイをしている時でも、彼一人が観客を喜ばせる超ファインプレイを見せたり、次々とすばらしい記録を作ることができるのだと思います。 また、高い目標を持っているからこそ、イチロー選手は大記録を作った時にも「通過点です」と言えるのだと思います。「春季大会で、○○中学校に勝つ」とか「優勝する」とか「○○高校合格」というような、物理的な目標は、達成するとそこで終わってしまう目標です。 目の前の目標としては、それはそれでよいのですが、人は目標が達成し、満足すれば、それで進歩が止まってしまいます。
新しい年度を迎えて、差し当たっての目標と、それよりも少し長い、自分の生き方についての目標を、この機会に考えてみてはどうでしょうか。 イチロー選手のような、限りなく進歩し続けていけるような目標になればすばらしいと思います。 ちなみに私が校長になった時の目標は、「あの校長のためなら頑張ろう」と思われるような校長になりたいというものでした。今も同じ気持ちで頑張っています。 夢や目標は自分の人生を意欲的に生きるために、また、充実感や感動を味わうためにあります。目標もなく、ただ時間をつぶすだけのつまらない人生より、目標に向かってがんばる、すばらしい生き方を目指してほしいと思います。



生徒会立会演説・選挙

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
5限目に、後期生徒会立会演説・選挙が行われました。どの候補者もしっかりとした公約を立て、よりよい西中を築こうとする意欲が感じられました。

新時間割

10月30日より、C日課がスタートします。時間割を間違わないようにしましょう。
配布文書に新しい時間割があります。

合唱コンクール結果

画像1 画像1 画像2 画像2
初めての合唱コンクールとても緊張しました。
最優秀賞 3組
 優秀賞 2組

合唱コンクール結果

画像1 画像1 画像2 画像2
 来年に向けてまとまって合唱できていましたね。新たなる目標立てて次に活してください。
 最優秀賞 2組 
  優秀賞 3組
 

合唱コンクール結果

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生は、実力が均衡して、どのクラスが賞をもらってもおかしくない状況でした。「さすが三年生」という歌声でした。
最優秀賞 3組「エール〜君の空〜」
 優秀賞 4組「COSMOS」

ついに明日

明日、初めての合唱コンクールです。練習にも随分慣れてきました。来年につながる合唱にしよう。
画像1 画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/5 始業式・離任式・着任式
富山市立西部中学校
〒930-0887
富山県富山市五福130
TEL:076-432-4787
FAX:076-432-4793