最新更新日:2018/12/13
本日:count up7
昨日:163
総数:400101
校訓「知性豊かに 理想高く 誠実に生きる」

卒業式に向けて

本日4限目に卒業式に向けて、1・2年生の合同合唱練習が始まりました。校歌と卒業生に贈る「さよならの言葉」の練習でした。2年生のリードで両学年とも、卒業式にふさわしい仕上がりになってきているようでした。


画像1 画像1 画像2 画像2

県立高校一般入試2日目

 県立高校一般入試、二日目が終わりました。これで3年生もひと段落です。昨日とはうってかわり、春らしい天気になったので、心身ともに、すっきりしたことでしょう。3年生にとっては、あとは卒業式だけとなりました。残り少ない中学校生活を今まで以上に充実させていって欲しいです。
画像1 画像1

19年度前期生徒会役員立会演説

画像1 画像1 画像2 画像2
5、6限目に平成19年度前期生徒会役員選挙・立会演説会が行われました。どの候補者も伝統を受け継ぎながら、よりよい西部中学校を築いていこうとする意欲が強く感じられました。他の生徒も真剣に聞いて、投票をしました。

学年末評価

画像1 画像1 画像2 画像2
本日から1,2年生の学年末評価が始まりました。真剣に問題に取り組んでいる様子です。評価は3月6日まで、1日3教科ずつ行われます。

3年生 第8回学力調査

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生にとって、県立高校一般入試前、最後の学力調査が行われました。写真は3教科目の理科が行われている様子です。県立高校一般入試まで、あと1週間となりましたね。最後までがんばりましょう。



学校だより「誠武」3発行

学校だより「誠武」3を配布しました。
詳しくは、下記のURLをクリックしていただくか、本ホームページの文書配布の「誠武3」をクリックして下さい。
学校だより「誠武」3を配布しました。 詳しくは、下記のURLをクリックしていただくか、本ホームページの文書配布の「誠武3」をクリックして下さい。 <swa:ContentLink type="doc" item="4265">http://swa.toyama-city-ed.jp/weblog/files/toyama104/doc/4265/55500.pdf


感謝の気持ちを込めて

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 卒業を前に、3年間生活した校舎に感謝の気持ちをこめ、清掃活動を行いました。普段なかなかできない場所を重点的に、各クラスで分担して行いました。クモの巣やら何ヶ月分か分からないほどのほこり等もありましたが、みんな、にこにこと楽しそうに活動しました。中には、まだまだやり足りないから、もう一度活動時間を設定してほしいという生徒もいたくらいでした。辛いことも楽しくできるようになった姿をたくさん見ることができました。充実した時間でした。

卒業式に向けて

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今年の卒業式で、3年生が歌う合唱曲は、「出会いたくて」です。先日から学年練習を始めましたが、自分たちの卒業式を、思い出深いものにしようと、一人一人が意識を高くもって練習に取り組んでいます。男子のどっしりとした歌声に、女子の透きとおった歌声が重なり、素晴らしいハーモニーになっています。残り少ない日々で、さらに磨きをかけ、素晴らしい卒業式にしたいと思っています。

3年生を送る会

23日(金)の5,6限に生徒会主催で、3年生を送る会が開かれました。吹奏楽部の演奏では、「3月9日」「宙船」「ありがとう」が演奏され、飛び入りで先生方も素晴らしい歌声を披露されました。1,2年次にお世話になった先生方からビデオメッセージが流れると真剣に見入っていました。飛び入りで大房先生も参加し楽しい時間を過ごしていました。3年生は、進路に向かって頑張りましょう。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

第3学期始業式 校長式辞

画像1 画像1
 1月9日(火)、朝日が床に反射して、とても明るく感じられる体育館で、3学期の始業式が行われました。吉崎校長が式辞で「お正月におめでとうと言うのはなぜか」ということと、「夢や目標には責任が伴う」という2点について生徒に語りました。以下はその全文です。
 
 皆さん 明けましておめでとうございます。ところで、なぜお正月になると「おめでとうございます」と言うのでしょうか? 私は若い頃、年が変わっても前の日とどこも変わっていないのに、何でおめでたいのだろう?とずっと考えていました。その後、いろいろな体験をして、多くのことを学び、物の見方や考え方が変わり、やっと最近その意味がわかってきた様に思います。それらの体験の一つに、身近な人の死があります。 人の死に接するたびに、いつも悲しい思いをしますし、同時に人の命や人生について考えさせられます。4年前に、小学校から高校まで同じ学校で、いつも一緒に通っていた私の親友が突然亡くなりました。その時もそう思ったのですが、「人に死が訪れるのは必ずしも年齢の順番ではない」ことや、「どんなに大切な人でも永遠に生きることはできない」ということなど、ごく当たり前のことに改めて気づかされました。と同時に「人の命や人生は、いつどうなるのかは誰にも分からない」という、これもごくごく当たり前のことに気づかされたのです。ですから、「今日も、昨日と同じようにあなたと顔を合わせる」ということは、当たり前のように思えますが、実は必ずしも、当たり前とは言えないのです。今朝、ひょっとしたら、このように皆さんと顔を合わせることができなかったのかも知れない…と。そのように考えると、新しい年が明けた今日、また皆さんとこのように顔を合わせることができるということは、当たり前のことではなく「幸運なことで喜ぶべきことなのだ」と言えると思います。新しい年を迎えて、再び元気に顔を合わすことができた。幸運だからおめでたい、だから「おめでとう」と言うのだと、私は思います。さて、話は変わりますが、毎年のように私たちは、年末に過ぎた一年を振り返り、新しい年を迎えて次の一年の目標を立て、決意を新たにしています。私はいつも目標を立てることの大切さについて話していますが、夢や目標には責任がともなうということも忘れてはならないと思います。夢や目標を達成するために「努力する」という責任が伴うということです。努力をともなわない夢や目標は、ただ単に「絵に書いた餅」に過ぎません。「絵に書いた餅」は食べることができませんし、もちろんお腹がふくれることもありません。決して喜びや満足感を味わうことはできないのです。目標を立てるだけで、努力もせずに一日を過ごす人より、目標を立て、その目標に向かって努力する人の方が、間違いなく毎日の生活に「張り合い」とか「充実感」がありますし、目標を達成したときの満足感は、努力しない人には決して味わえないものだと思います。私は、アメリカ大リーグにチャレンジしているイチローや松井が、現状に満足しないで高い目標を掲げ、大きな夢や目標の達成に向けて努力し、一つ一つ達成していく姿に、いつも勇気をもらっています。彼らは、決して努力している姿を人に見せませんから、天才のように言われますが、決してそうではないと思っています。皆さんが想像もできないような努力を積み重ねていることは間違いありません。努力することについて、こんな話があります。湖の水面を優雅に泳ぐ白鳥の姿を見て、誰もがその美しさに目が行ってしまうけれど、その白鳥は見えない水面下で、一生懸命水をかいでいるということに気づいている人はそう多くはいない。という話です。この話は、人が輝いて見える時、その裏には人には見えない努力が必ずあるということを教えてくれます。夢や目標は自分の人生を意欲的に生きるために、また、充実感や感動を味わうためにあります。目標もなく、ただ時間をつぶすだけのつまらない人生より、例え苦しくても目標に向かって努力する、すばらしい生き方を目指してほしいと思います。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
3/23 修了式
富山市立西部中学校
〒930-0887
富山県富山市五福130
TEL:076-432-4787
FAX:076-432-4793