最新更新日:2018/11/19
本日:count up44
昨日:15
総数:154605
目指す子供像〜「進んで学ぶ子」「感謝と思いやりの心をもつ子」「たくましい心と体をもつ子」「地域・社会に貢献する子」〜

記念日集会

画像1 画像1 画像2 画像2
 2−1の今年度のはてな記念日が100回になりました。また、朝ご飯もりもり記念日(朝ご飯しっかり食べた)やつくんつくん記念日(筆箱の中身しっかり)も、がんばってきたことを記念して、「きねんび集会」をしました。はてなや朝ご飯や文房具の名前が書かれたカードを探す「きねんびさがしゲーム」とくじや記念日に関係あるクイズが含まれた障害物リレーを楽しみました。
 記念日のご褒美という感じになり、子供たちは、楽しんでいました。
 集会後の振り返りでは、実行委員の考えたくじやクイズやカードのアイデアを誉める言葉が多く聞かれました。また、「カードが見つからなくても楽しかった。」「ぼくは、見つけることができなかったけれども、チームの仲間が見つけてうれしかった。」などの発言があり、友達とのかかわりの楽しさを意識した集会となりました。

へそのおって何?

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 保健室の嶋崎先生と「へそのおって何?」の学習をしました。子供たちは、生活「すてきなぼく」の学習から、生まれた頃の様子を聞いたり、そのころの品物を集めて来たりしています。その中に、「へそのお」もありました。嶋崎先生から、「へそのお」や「たいばん」とつながった赤ちゃん模型を見せてもらいながら、おなかの中の赤ちゃんの成長を聞きました。はじめは、1mmもなかった赤ちゃんが子宮の中でおしゃぶりをするくらい大きくなっていく様子に、驚きました。また、自分がおなかの中にいたときのことに思いをはせているようでした。
 (学習後の感想から)
 お母さんから、へそのおを通ってえいようをもらって、いらないものをへそのおを通って、お母さんに返していたことを知りました。(K・Kさん)
 
 ようすいとへそのおは、大事な物だと思いました。ぼくは、おなかの中で死にそうになったそうです。死ななくて、よかったと思いました。(T・Kさん)
 
 はじめは、小さかったのに、お母さんのおなかの中でよく育ったなと思いました。(K・Mさん)

コンピュータ学習

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 コンピュータ学習をする日は、担任のほかに、コンピュータの専門の先生が支援に来てくださっています。2/28には、支援の佐藤先生が最後の日でした。3/1は、南部先生とのお別れの日でした。子供たちは、コンピュータで、2年の算数と国語のドリル学習を行いました。点数や時間、リトライの成績結果を確認できるものです。集中しているので、あっという間に時間が過ぎたように子供たちは、感じたようです。「もっと、やりたい。」「おもしろかった。」と、話す子どもたちでした。
 「ありがとうございました。」のあいさつをしっかりしました。
 給食の時間には、お別れを惜しんで、たくさん会話を楽しんでいました。
 新年度も、また、会えるといいですね。

2−1プロジェクトG

画像1 画像1
 プロジェクトGの活動に、2−1の子供たちも一生懸命取り組んできました。
 学校全体では、2000を目標にしていますが、クラスでは、一人5個頑張ろうと話し合い取り組んでいます。先日、ボランティアキッズ委員会から、5回以上取り組んだ子供たちに、Gメダルが配られました。メダルを教室に飾り、みんなのがんばりをたたえています。

6年生さんおめでとう壁画

画像1 画像1
紙粘土版画で使った型を使って、壁掛け人形を作りました。
紙粘土の型にもう一度色を塗り直したのです。。
版画のテーマが「がんばっているぼく、わたし」だったのですが、着色したところカラフルになり、色の重なりが、さらにおもしろい作品に仕上がりました。
今後は、みんなの作品を大きな1枚の紙に貼り付けて、「6年生さん卒業おめでとう」の共同作品を作ります。
6年生さんと楽しく過ごした2年生の元気な様子が壁画となって表現できるといいです。

楽しみなコンピュータ室

画像1 画像1 画像2 画像2
 パソコン指導の先生との学習のため、2年生は、大好きなコンピュータ室へ向かいました。ズックを揃えて入ります。
 今回は、文字パレットを用いての文つくりとお絵かきソフトを使っての絵を合体させました。絵日記の完成です。1年生のころから、マウスを使ってのお絵かきは、かなり習熟してきています。パスワードを打ち込んでの立ち上げやクリックや貼り付けなどは、大得意です。そこに、文字パレットでの作文に挑戦でした。変換や確定などの仕方、カーソル移動や改行操作などにも、取り組みました。
 また、仕上がりの早い人から、キーボードマスターを使ってのかな打ちにも挑戦してみました。
 ・ 文を5つなぐことができました。2時間集中しました。
 ・ ゲームの絵を描くのがむずかしかったけど、出来上がりました。
 ・ キーボードのどこに、文字があるのかを知ることができました。          ゲームみたいで、おもしろかったです。

二年生と保育園の交流会

画像1 画像1 画像2 画像2
 2/8に保育園さんとの交流会を行いました。バンブーダンスや縄跳びをする「ぴょんぴょんタイム」入学間近の保育園さんに学校のいろいろを教えてあげる「たんけんタイム」をしました。休み時間には、思い思いの遊びも一緒にしました。
 「鬼ごっこをしよう」とグラウンドへ出た子供たち。保育園さんの様子を気遣いながら、じゃんけんで鬼を決めました。「鬼は、よくわかるように腕まくりしてね」「二年生は、20数えてから走るよ。保育園さんは、10数えてね。いい?」いつもより、ゆっくり、丁寧な言葉遣いです。
 「おもしろかった」「ありがとう」「ぼくもしたい」などの言葉に満足した二年生でした。

保育園さんとの交流

 2/8に保育園さんと交流を行います。学期ごとに行っていますので、今回は、3回目です。今回の交流は、話し合いの結果「ぴょんぴょんタイム」と「たんけんタイム」となりました。そして、給食を一緒に食べます。話し合いは、もうすぐ1年生に入学される保育園さんや保育園での生活に心を寄せて、行われました。
 「ぴょんぴょんタイム」では、バンブーダンスや縄跳びを見せます。「ぼくたちだけとんでいても、あんまりおもしろくないかも」「とべるかわからないけど、いっしょにとんでもらえば」「年長さん、なわとび練習しているはずだよ」
 「たんけんタイム」では、「もうすぐ入学だから、教科書見せたら」「紙芝居読んであげたい」など・・・
 さすが、もうすぐ3年生になる子供たちです。保育園さんのお世話に意欲まんまんでした。
 自分たちが、入学したときから、1・2・3年生での集会の「ぽかぽかタイム」で、3年生さんに、いつも、親切にしてもらったからですね。

家族の一日

 生活科「家族の一日」の学習をしています。子供たちは、家族のがんばりをたくさん見つけました。家族で1番朝早くに起きるお母さん、朝早くから夜遅くまで働くお父さん、せんたくものたたみの名人のおばあちゃんなど、家族の皆さんは、スーパー・ミラクルです。どの子も家族の話をするときは、幸せそうです。
 そんな中で、「ぼくも、じいちゃんみたいになりたい。」「おとうさんみたいに、力持ちになりたい。」という子供たちもいました。尊敬やあこがれをもったのですね。
 また、「お手伝いをしたい」「わたしも一緒にします」という子供たちもいました。優しさを膨らました子供たちだなと思いました。

たくましく生きる

 1/22(月)に立山青少年自然の家へ行ってきました。「トントンの森」で植物が命をリレーするために、冬を賢く生き抜いている様子を学習しました。        ユキツバキやタムシバ、クロモジ、マンサクがたくましく、しっかりと春に向けて、越冬していました。                               2−1の子供たちも、寒さに負けず、「しりすべり」や「チューブそり」では、元気よく楽しみました。感心したのは、滑るのも急な坂で怖いのですが、滑っても滑っても、また坂をたくましくのぼってくることです。冬を生き抜いていくたくましさを感じました。
画像1 画像1 画像2 画像2
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/5 着任式
始業式
4/6 入学式
富山市立上滝小学校
〒930-1312
富山県富山市上滝517
TEL:076-483-1726
FAX:076-483-9021