最新更新日:2018/11/22
本日:count up63
昨日:81
総数:154851
目指す子供像〜「進んで学ぶ子」「感謝と思いやりの心をもつ子」「たくましい心と体をもつ子」「地域・社会に貢献する子」〜

イカのおすしを見たよ

画像1 画像1 画像2 画像2
 今年度最後の避難訓練は、今までの反省でした。
 そこで、1年生は、「イカのおすし」のビデオをみました。内容は、お使いを頼まれた女の子が、お使いの途中で、公園の砂場で1人で遊んでいるところへ不審者が現れるところから始まりました。女の子は、連れて行かれそうになっても抵抗し、すぐ大きな声で助けを求めていました。そして、家に帰ってお母さんにあったことを話していました。子供たちは、真剣に見ていて、イカのおすしの大切さを感じ取っていました。
 今までの避難訓練の反省では、火事の時、ハンカチをすぐ口に当てていなかったことや放送が入った時、すぐ止まったり、しゃべらずにいたりすることとができなかったと反省していました。
 2年生になったら、いつくるか分からない火事、地震、不審者、自然災害などにであったとき、合い言葉の「おはし」が、しっかり守られるようにしていってほしいものです。

さくらもちを作ったよ

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「来年さくらもちをつくろうね。」と約束し、去年の5月校庭の桜の枝から葉をとって、きれいにあらい、塩漬けしておきました。
 ほとんどの子供たちは、家庭科室に入るのも初めてでした。
 4つのグループに分かれて、さくらもちの材料を見たり、作り方を読んだりしました。
 まず、白玉粉に水を入れて混ぜ始めました。水の量が多いのにびっくりしながら、小麦粉や砂糖、食紅を加えていきました。
 いよいよ、生地をのばす子、ひっくり返す子に分かれて焼き始めました。「くっついてなかなか返せないよ。」と苦戦しながらもだんだん上手に生地をのばしたり、返したりできるようになりました。皿に並べたり、餡を丸めたりして、最後にさくらの葉に包んで、出来上がり。みんなで協力したので、どれもおいしく出来上がりました。
 家へ帰って、家族と一緒に食べるのが楽しみだと言って、持ち帰りました。
「手製のオリジナル桜餅は、いかがでしたか?」
 

1年生の修了式

画像1 画像1 画像2 画像2
 平成19年3月23日、上滝小学校の体育館で修了式が行われました。
 1年1組の代表は、Oさんです。1番のOさんは、大きな声で返事をし、校長先生から23人分の修了証をいただきました。クラスのみんなもOさんに合わせて、礼をしました。
 続いて、「3学期を振り返って」の発表です。代表は、Hさんです。3学期にがんばったことを3つ覚えて、最後まで言うことができました。二人ともとても立派でした。
 教室に戻って、あゆみを渡していると、水野先生が入ってこられました。今週19日から23日まで全員がハテナを持ってくることができたので、ハテナ賞の授与に来られたのです。
 修了式の日に、みんなのたゆまぬ努力の成果が現れ、うれしいひとときとなりました。

オ−エン先生と英語で話そう

画像1 画像1 画像2 画像2
 How are you?で始まる英語の学習。I'm happy、and you?と次の人へおくっていくことをくり返して行いました。答えがokだったり、greatだったりする言い方を習いました。その反応で、一番多かったのは、happyでした。みんな幸せな気分で英語の学習をしているんだなあと感じました。
 このほか、着る物、履く物の言い方、色の言い方も学習しました。男の子は、Brown
pantsが多かったです。
 また、最後の学習では、果物の言い方を学習して、英語を使ってフルーツバスケットをしました。オレンジ、グレープ、パイナップルなど日頃からよく使っている言い方の他に「すいか」の言い方を学習しました。
 2年生になっても、繰り返して言うことで、少しでも覚えられたらいいですね。

ミニ集会をしたよ

画像1 画像1 画像2 画像2
お楽しみ係は短い時間を見付けて、プログラムを考えました。
第1回目なので、みんな楽しみにしていました。
はじめのことばから始まり、まちがいさがし、クイズと続きました。
まちがいさがしでは、手や足の形が違っているのをすかさず見付けていました。
クイズは、難しい問題があって、係の子が黒板に書いて説明して納得したものもありました。
この後、第2回目も計画していますので、楽しみにしています。

ハテナをがんばっています

画像1 画像1 画像2 画像2
 2学期に1週間連続でハテナを持ってくることができたのは、1回でした。その後、惜しいときは、何度かあったのですが、5回のうち、1回がそろわなくて記録を更新できなかったのです。
 そこで、3学期は、1週間連続のハテナ賞を少なくとも2回は取ろうとはりきっています。まず、1回目を2月13日から17日までの5日間続けて持ってくることができました。2月27日のキャッチボール集会で表彰されました。
2月26日から3月2日までずっとできたので、3学期、2回目のはてな賞を達成することができました。

1-1おみせやさんごっこをしたよ

画像1 画像1 画像2 画像2
 1回目は、幼稚園との交流活動で園児と手をつないで、「どの店に行く?」と優しく声をかけながら、買い物をする人とお店やさんに分かれてしました。
 店によっては、なんとか品物をみんな買ってほしいと安売りをしていて、買い物に回る子供たちは、品定めに真剣になっていました。
 2回目は、学年合同のおみせやさんごっこをしました。クラスにはないお店があってどれにしようか迷っている子がいると思えば、「先生、みんなの店から買ってきたよ。」という子もいて、経験の違いもあるのかなと思いました。
 そして、1組だけのお店屋さんごっこ。約束は、買う人はあいさつ、質問をする。売る人もあいさつ(呼び声も含む)、質問には大きな声で答える。で始めました。ほとんどの店は、割引券を作っていたので、ほしい人に配っていたり、来店の時、渡したりして、それぞれ工夫していました。また、買い物をした人に、プレゼントとしてパックンチョを渡したいのでたくさん作ってくる子がいたり、お金を入れるレジを作ってきて使う子がいたりして、お店屋さんになりきってみんなで楽しむことができました。

子供の力に感動!

 初めてのスキー学習。大きなスキー靴をはいて滑ったのは何回目だったのかな。黒田インストラクターに優しく教えてもらって5班の6人の子供たちは、がんばって練習しました。ハの字に必死にスキー板を維持し、下で待っている先生方の胸に向かって何度も飛び込み、自信をつけていきました。昼食後、とうとうリフトにトライ!やっとかっと滑っていた子供たちも、1時間後には、にこにこ顔でゲレンデを滑り降りてきました。よかったね、上手になったね、滑られるようになったね。今度は、もっと雪が降ることをみんなでお願いして、クラスみんなで一列に並んで滑りたいね。

スキー学習がんばったよ

スキーの用具をもって、大東ホテルまで歩いていきました。
「重いよ。」と言いながらも誰1人いやだと言わないでたどりつきました。
開校式で、インストラクターの先生や克己会の方々の名前を教えていただきました。中には昭和26年に上滝小学校を卒業した先輩のインストラクターの方がいらっしゃって、とても親しくさせてもらった班もありました。
子供たちは、休憩やおやつタイムがなくても文句も言わず、一生懸命に練習していました。スキーがはじめてだった子もスキーの装着、止まり方、曲がり方が分かってきたようです。1日でこんなに上手になれるなんてすごいなあと感心しました。
克己会の方々には、トイレに行きたくなった子や起きあがれない子や止まれない子の補助も手伝っていただき大変助かりました。ありがとうございました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/5 着任式
始業式
4/6 入学式
富山市立上滝小学校
〒930-1312
富山県富山市上滝517
TEL:076-483-1726
FAX:076-483-9021