最新更新日:2018/09/19
本日:count up54
昨日:68
総数:150416
目指す子供像〜「進んで学ぶ子」「感謝と思いやりの心をもつ子」「たくましい心と体をもつ子」「地域・社会に貢献する子」〜

ヒップ・ホップダンスに挑戦

画像1 画像1
 今日の体育の授業は、ヒップ・ホップのダンスに挑戦しました。大山に在住で、以前、有名アーティストのバックダンサーをしておられた加藤先生をお招きしての特別授業です。
 「Choo Choo TRAIN」の音楽に乗って、少しずつ体を動かした子供たち。加藤先生が繰り出す技に驚きと賞賛の歓声を上げながら、真似して踊り続けました。
 加藤先生の特別授業は計四回の予定です。短い時間ですが、子供たちががんばった成果を多くの人の前で発表できたらと思っています。

3年2組 ありがとう、大学生のお姉さん先生

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 富山国際大学の地域作り実習3日間はあっという間に過ぎ、最終日となりました。
 学習では、プリントの丸付けをしてもらったり、図工の絵のアドバイスを受けたりしました。休み時間には、一緒にキックベースをしたり、似顔絵を描いてもらったりしました。
 ミニ先生には極秘にして、その感謝の気持ちを込めた「ありがとう集会」を集会係が中心となって進めました。
 集会で、みんなからのお礼の手紙をもらったときにはちょっと涙も・・・。
 ミニ先生からは、一人一人に優しいメッセージの入った折り鶴をいただきました。

 出会いと別れがあっという間に過ぎましたが、心と心をふれ合うすてきな3日間であったと思います。

ボランティア委員会 おはぎ弁当作り

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 26日、ボラティア委員会は、社会福祉協議会の依頼を受けて、おはぎ弁当作りの手伝いを行いました。このお弁当は、校区に住む一人暮らしのお年寄りに配られるものです。
 今回は、地域作り実習で来校している富山国際大学の学生5人も一緒に手伝いました。
 盛りつけの後、全校児童が書いた、お年寄りの方を励ますメッセージ入が入ったのし紙を付けて仕上げました。

 このことは、北日本新聞27日号朝刊に詳しく紹介されています。
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20...

北日本新聞社
http://www.kitanippon.co.jp/

英語活動&3−1社会の授業風景

画像1 画像1 画像2 画像2
 9月27日(木)4限、ジョシュアさんとの英語活動がありました。右、左、前、後ろなど方向の言い方を教えてもらい、実際に動いてみました。子供たちは、のみ込みがとても早いのでびっくりです。最後にクラス対抗でゲームを楽しみ、大いに盛り上がりました。 
 9月28日(金)2限、3年1組は社会の授業でした。スーパーマーケットについての学習をした後、グループに分かれて「スーパーマーケットすごろく」をしました。どのグループもルールをしっかり守って、仲良くすごろくを楽しむことができました。
 

後期なかよし班発足式

画像1 画像1 画像2 画像2
 運動会を全力でやり遂げ、前期のなかよし活動が終了しました。いよいよ後期なかよし活動が始まります。
 今日は、後期なかよし班の発足式がありました。新しい班で班の旗を作ったり、ゲームをしたりして、交流を深めました。
 6年生にとっては最後のなかよし活動となります。3月に5年生に引き継ぐまで、学校のリーダーとして、なかよし活動を盛り上げていってもらいたいと思います。

国際大学生さんとお別れ

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 水曜日からの三日間、子供たちと一緒に活動してもらった国際大学の学生5名ともお別れとなりました。今日は、ボランティア委員会と一緒に一人暮らしのお年寄りへのお弁当作りと配布に出かけました。給食の時間には、全校にお別れの言葉を言ってもらい、帰りの会では、各教室でお別れの会をしました。三日間という短い期間でしたが、「行かないで」という子供たちの声がたくさん聞こえてきました。大学生とのかかわりの中から、それぞれの子供たちが宝物を手に入れたようです。学生さん達も、何か得るものがあったら幸いです。

謝謝、再見

画像1 画像1
 富山国際大学から5人の学生が三日間、体験活動に来ました。6年2組の教室に入ったのは、中国からの留学生の方でした。
 4月に日本に来たばかりで、日本語は完璧ではありません。会うまでは子供たちも不安な様子でした。
 しかし、そこは元気な子供たち。たったの三日間ですっかり仲良くなり、最後は悲しいお別れとなりました。
 留学生の方からは中国語で、子供たちからは日本語で、それぞれメッセージカードを交換しました。カードに書かれた言葉の意味が分かるまで、大切にしてもらいたいと思います。

ドライポイントに挑戦

画像1 画像1
 二学期に入り、子供たちが図工で取り組んできたのがドライポイントです。
 ドライポイントとは、まず、プラスチックの板にニードルで傷をつけるように絵を描きます。板全体にインクをつけます。インクを布で拭き取ります。傷がついた部分にはインクが残ります。それを、ぬれた紙に強い圧力をかけ押し付けると、インクが紙に映り、作品が出来上がるという技法です。
 初めて挑戦したわけですが、どれも力作となりました。学校にお越しの際は、ぜひ、ご覧ください。

3年2組 大学生と仲よし

画像1 画像1 画像2 画像2
 富山国際大学の学生が、地域作り実習として教室にきました。
 教室での出会いでは、子供たちからいろいろと質問をしました。「好きな色は?」「好きな食べ物は?」「好きな数字は?」「嫌いな食べ物は?」等々。一つ一つ丁寧にはきはきと答えてもらい、距離が縮まったようです。
 その後、学習のお手伝いや一緒に給食を食べたり、休み時間は一緒に遊んだりと「ミニ先生」として活躍しました。
 帰りの会の後、一人一人と握手をして下校を見送りました。子供たちにとっても明日が楽しみとなりました。

大山の食材

画像1 画像1 画像2 画像2
「大山地域地産地消特別献立」に使用された食材です。しいたけは、しいたけ村小学校の岡本さんが持ってきてくださいました。とても大きくて肉厚のしいたけです。しいタコちゃんは、食べ終わったこどもたちが、「おいしかったから、ちょうだい。」と言っていました。お米2合に対してしいタコちゃん1パックを入れ、しょう油を少し加えて炊くと、おいしくなるそうです。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
富山市立上滝小学校
〒930-1312
富山県富山市上滝517
TEL:076-483-1726
FAX:076-483-9021