最新更新日:2018/12/11
本日:count up107
昨日:188
総数:335683

校長室から2017-No.7(第3学期始業式 〜ピノキオと「有隣」〜)

画像1 画像1
 今年度の締めくくり、3学期が始まりました。2学期の終業式では、「こころあったまる楽しい冬休み」となるよう願いを込め、ディズニー映画「ピノキオ」から、「星に願いを」のトーンチャイム演奏をプレゼントしました。そして、子供たちは、家庭・地域のみなさんのおかげで「こころあったまる楽しい冬休み」を過ごし、エネルギーを充填し、元気に登校してくれました。ありがたいことです。
 終業式からの流れで、始業式では、ピノキオの読み聞かせを行いました。私を含め5人の職員で役になりきって読み聞かせました。絵本の中で、星の女神が言った言葉「正直で、勇気のある、優しい心をもったとき、本当の人間になれるのです」がテーマです。これは、論語の中の「徳不孤、必有隣」からきている、本校建学の精神「有隣」に通ずるものと思います。「徳は孤ならず、必ず隣あり」【徳を行っているかぎり、人は決して孤立するものではない。必ず共鳴者が現れる。もし孤立しても、それは一時的なものだ。】という意味があり、「正しい行いができる人間」に育ってほしいという、創立当時の校下の方々の願いが伺われます。また、校歌に「たゆまずうまずいそしみて 学びの業をなしとげん」「われらも日々に徳をつみ たかく動かぬ名をなさん」とあるのは、建学の精神を表現したものだと言われています。本校の子供たちには、建学の精神、校歌を忘れず、社会に貢献できる「正しい行いができる人間」になってほしいと願っています。
 今年度は残り3か月となりました。今年度を締めくくる重要な残り3か月です。職員一同一段と気合いを入れ頑張ります。ご支援よろしくお願いします。

校長室から2017-No.6(第2学期終業式)-2

画像1 画像1
画像2 画像2
 「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね」(しずかちゃんのパパ)
 「人を幸せにしたいと思うなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい」(ダライ・ラマ14世)
 この2つの言葉、子供たちは、どう思い、何を感じたでしょうか。
 そして、私の話の最後には、「こころあったまる楽しい冬休み」となるように願いを込め、ディズニー映画「ピノキオ」から、「星に願いを」を職員によるトーンチャイム演奏(写真)でプレゼントしました。トーンチャイムの、あったかい余韻を残し、しっとりとした終業式になりました。保護者・地域のみなさんも、よい年末・年始を過ごされますよう、ふたご座流星群の極大の時期は過ぎたようですが・・・願っています。

校長室から2017-No.6(第2学期終業式)

画像1 画像1
 授業日数77日間の2学期も、早いもので終業式を迎えました。今日も全員出席、花丸の日となりました。花丸の日は今年度48日目となりました。本当にありがたいことです。
 「『思いやり』をキーワードに、日頃の学級生活や学習発表会を創り上げる活動を通して、学級の力を高めてほしい。そして、みんなで『こころあったまる学級・学校』をつくりましょう」と話し、スタートした2学期でした。子供たちは、「一人一人の違いを認め合いながら、生かし合いながら」また、時には「ぶつかり合いながら、喧嘩をし合いながら」、みんなで「思いやり」の心を育み成長してきたように思います。
 今年度は4月以来、ドラえもんからのメッセージを伝えてきています。今日の終業式では、「思いやり」をキーワードにした今学期にふさわしい、ドラえもんからのメッセージを伝え締めくくりとしようと考えました。そこで、「心にひびくマンガの名言5 大切なことに気づく(学研教育出版)」に納められている 、「大切なことに気づく名言18(P44,45)」をスライドを使いながら読み聞かせました。ここでは次の、しずかちゃんのパパの名言を取り上げています。「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね」そして、「相手の気持ちに寄り添える素敵な人になろう」「勉強やスポーツが苦手でもやさしさがあればいい」と続けられ、最後に「人を幸せにしたいと思うなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい」と、ダライ・ラマ14世の言葉を取り上げています。

校長室から2017-No.5(第2学期始業式)

画像1 画像1
 長い夏休みが明け、子供たちが元気に登校してきました。本当にありがたいことです。事故なく有意義な夏休みを過ごすことができたのも、保護者・地域のみなさんのおかげと感謝しています。2学期も花丸の日がたくさんになることを願っています。
 さて、始業式では以下のような話をしました。
 2学期、全校の行事としては、学習発表会があります。学習発表会は日頃の学習成果を発表する場であるとともに、学級の力を発表する場であると考えています。そこで、この2学期には、日頃の学級での生活、そして学習発表会を作り上げる活動を通して、特に、学級の力を高めてほしいと思っています。
 学級の力を高めるために必要なことは何でしょうか。どんな言葉が思い浮かぶでしょうか。「助け合う 励まし合う 協力する 仲良くする 親切にする 努力する 教え合う 遊ぶ 笑顔で過ごす あいさつする あきらめない けじめをつける 人の話をよく聞く」・・・色々思い浮かぶと思います。そして、これらの言葉の前に「みんなで」がつくこが大切です。しかも、「一人一人の違いを認め合いながら、生かし合いながら」、この「みんなで、一人一人の違いを認め合いながら、生かし合いながら」を達成しようとするとき、最も大切なのは何か。それは「思いやり」です。「思いやり」があってはじめて、こころがあったかいとしあわせになれる、こころあったまる学校が、実現できます。本校の児童玄関前廊下には、目指す子供像が掲げられています。その最初に書かれているのが「思いやりのある子」です。具体的には、どんな場面でどうすることが「思いやり」なのでしょうか。一人一人が、こんなときどうすればいいのか「思いやり」ということをいつも考えて行動しましょう。そして、日頃の学級での生活、学習発表会を作り上げる活動をとおして、学級の力を高めてください。 2学期、「思いやり」をキーワードに、みんなの「こころあったまる学級」づくりをしましょう。そして、それが「こころあったまる学校」づくりになると思っています。楽しみにしています。・・・以上。
 保護者・地域のみなさんには、学習発表会をはじめ、様々な場面で子供たちの姿を見ていただき、子供たちのやる気を引き出す、あたたかい声かけをお願いしたいと思います。2学期もよろしくお願いします。

校長室から2017−No.4(第1学期終業式)

画像1 画像1
 今日は、終業式、子供たちに、ドラえもんからのメッセージ「毎日の小さな努力の積み重ねが、歴史を作っていくんだよ!!」を伝えてスタートした1学期の締めくくりです。式では、まず、「この1学期、どんな努力をし、そしてどんな自分の歴史、仲間との歴史を作ったでしょうか」と子供たちに問いかけました。そして、テニスのロジャー・フェデラー選手が今年復活を遂げ、前人未踏の大記録を達成したことを取り上げ、ドラえもんの言葉どおり、夢を追い続け、そのための努力を積み重ねることの大切さを改めて伝えました。さらに、ドラえもんが努力について言っていること「世の中は、何か欲しいと思ったら、そのためにそれなりの努力をしなくてはいけない」「いーや、まだまだ努力が足りない。もっともっと頑張れるはずだ」「下手だったら、どうしてうまくなろうと努力しないんだ」「人にできて、君だけにできないなんてことあるもんか」「ぼくだけどんどん遅れちゃって・・・。いいじゃないか遅れても。最後まで頑張れ」「一番いけないのは、自分なんかダメだって思い込むことだよ」「悪いことばかりじゃないよ、真面目に努力していればいつかきっと、夜は必ず朝になる、長い冬が過ぎれば、あたたかい春の日が来る」などを紹介しました。また、幸田露伴の「努力論」から、「努力」には「直接の努力」と「間接の努力」の2つがあり、基礎となる「間接の努力」が大切であることを伝えました。
 明日から37日間の夏休みが始まります。「あいさつで笑顔あふれる街づくり」を合言葉に、子供たちが「あいさつ」をはじめ毎日しっかりとした「生活態度」で過ごし、よく頑張ったと言える、充実した夏休みにしてくれることを願っています。地域・保護者のみなさんの「こころあったまるご支援・ご協力」をよろしくお願いします。

校長室から2017-No.2 (入学式)

画像1 画像1
 雨を覚悟していた入学式でしたが、幸いにもほとんどあがった状態で迎えることができました。校門の看板の前や前庭で記念撮影する親子の姿もたくさん見られ、本当によかったです。お天気に感謝です。
 さて、30名の新入生を迎え、全児童171名が揃いました。本当に嬉しく思います。式辞の中では、新入生に突然返事を求めたり、復唱を求めたりしました。上手く対応してくれるかとドキドキしていましたが、とても立派に対応してくれました。人の話をしっかり聴いて、しっかりできる子供たちだなぁと感心しました。
  天瀬の「あ」:あいさつ元気、天瀬っ子
  天瀬の「ま」:守るよルール、天瀬っ子
  天瀬の「せ」:先生大好き、天瀬っ子
 会場の皆さんに応援の手拍子をいただきながら1年生と唱和したことは、大切な思い出となりました。そして、大きな拍手をいただき、本当にありがとうございました。1年生にとっても私にとっても、大きな自信となりました。
 今日は、ご来賓の皆さん、保護者の皆さん、そして児童・職員が1年生への思いを一つにして、手拍子、拍手をしました。今後も、地域・保護者・学校が手を取り合い、子供たちが、次代を担う、志高き「天瀬っ子」となることを願っています。

校長室から2017-No.1(平成29年度 第1学期始業式)

画像1 画像1
 今日は新年度、第1学期の始業式でした。
子供たちの元気な姿、笑顔に「こころあったまる」とてもうれしいスタートとなりました。加えて、全員登校「花丸の日」となり、本当に嬉しく思っています。
 子供たちには、今年度も「こころあったまる学校 〜笑顔一杯の『挨拶』 こころを込めた『掃除』 進んで取り組む『授業』」を合い言葉にして、みんなで学校づくりをしていきましょう。そして、こころあったまる学校が、保護者・地域のみなさんのこころまであったかくする「しあわせ天瀬大計画」に、みんなで取り組んいきましょう。また、「いろんなことに興味をもち、よく観察したり調べたりすること」「夢をもつこと」「夢に向かってがんばること」「たくさんがんばること」「時間を有効に使うこと」を大切にし、今年度も1年間よく頑張ったと、満足のいく修了式を迎えましょう。と呼びかけました。
 そして、最後にドラえもんからのメッセージ「毎日の小さな努力の積み重ねが、歴史を作っていくんだよ!!」を伝えました。さて、子供たちは、どんな自分の、そして仲間との歴史を作るのでしょうか? 職員一同、子供たちと共に、素敵な歴史作りに励んでいきたいと思います。今年度も、保護者・地域の皆さんの「こころあったまるご支援・ご協力」よろしくお願いします。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月間別行事予定
3/9 町別児童会
富山市立水橋西部小学校
〒939-3515
富山県富山市水橋辻ケ堂1919-2
TEL:076-478-0067
FAX:076-478-4519