最新更新日:2018/09/21
本日:count up43
昨日:61
総数:330047

3月23日の給食(#121)「給食最終日!」

今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ おでん
 ○ いわしの生姜味
 ○ きゅうりの梅肉和え
 ○ バナナ
です。

 今日で今年度の給食が終了します。2学期から始め、毎日の給食を紹介した「給食室の窓から」も121回目を数え、今年度最後の更新となりました。年間190回を超える給食を無事提供できたことに、給食室一同ひとまずホッとしています。

 ホームぺージも始めた当初からの目標にしていた「毎日更新」も大体達成できました。読んで下さった皆様には感謝の意をお伝えしたいと思います。毎日の給食についての説明や、調理の過程での大変だったことや私自身の思いなど色々書いてきましたが(給食に全く関係ない話もたくさんしましたが・・・)、一つの区切りまでやり遂げた達成感、一年間食中毒等の事故無く終った安堵感、来年度はホームぺージどうしようかな?という気持ち等色々な思いがあります。来年度も「何らかの形で」給食室の紹介や献立の説明はしていきたいです。

一年間ありがとうございました。
              給食ホームぺージ担当 柳 智徳

画像1 画像1

3月20日の給食(#120)

今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ 鶏肉の黒酢炒め
 ○ 炒り豆とピーナッツの味噌からめ
 ○ 中華サラダ
です。

 炒り豆とピーナッツの味噌からめは、炒った豆(食べたのは節分豆以来です)と二つ割りのピーナッツを、水と味噌・砂糖・しょうゆを煮たタレをたらいで絡めて和えました。初めてのメニューなので、子どもたちの反応が気になるところです。是非お家で聞いてみて下さい。

 6年生が卒業して給食がないので、食数は「660」となっています。昨日の卒業式は、卒業生ならびに保護者の皆さんには、思い出の残る1日だったんではないですか?私も卒業式に出席しましたが、卒業式での6年生はとても立派だったと思います。ただ一つ残念だったのが、「あいにくの雨だった」ことでしたね。

 今日は、食数も少なく、少し時間に余裕があったので、鶏肉の黒酢炒めに使われている「じゃがいも・ピーマン・人参・たまねぎ」に小さな星形(たまねぎは大きな星形)を入れました。正確な数は不明ですが、いつもよりたくさん入っており、全ての種類合わせて200個くらいはあるのではと思ってます。食数が少ないので、かなりの人に当たっているはずです!ですが、一番数が多く入っている「たまねぎ」は煮ると透き通り、とても見つけにくいので、気付かずに食べてしまうおそれあり。

画像1 画像1

3月18日の給食(#118)

画像1 画像1
今日の献立は、
1 ○ ごはん 
 ○ 牛乳
 ○ ふくらぎの照り焼き
 ○ 白菜のおひたし
 ○ なめこの味噌汁
 ○ 清見オレンジ
です。

 今日で6年生が給食最終日となります。山室中部の給食はどうでしたか?小学校に入学した頃の小さな子どもたちが、最高学年になり立派に心も体も成長したのではないかと思います。1日3食食べたとして、給食はその中の「昼食」の部を担っている訳です。と言うことは、大袈裟ではありますが、「6年間で身体が成長した分の3分の1は給食でできている!」ことになるのかな?と思ったりしてます。(言い過ぎ?)

 中学校になると、まず給食開始の時間(4限終了時)が遅くなります。一人あたり配膳する量も増えて、小学校時代と比べて「たくさん食べる」ことになりますが、6年生の皆さんは残食もほとんどなく「見事な食べっぷり」でした。中学校でも残さずに食べてくれるのではないかと思っています。

 ことわざに「同じ釜の飯を食う」というのがあります。同じ釜という意味は、生活する場が同じで一つの釜で炊いたごはんを分けあって食べるという意味で、家族のように毎日を一緒に過ごし苦しいことや楽しいことを共に感じて過ごすということで、親しい間柄のことをいうようです。山室中部の皆さんは縦割りでの活動や、様々な学校行事で楽しさや苦しさを分かち合ってきたはずです。給食も全校分を一つの釜で・・・という訳には(大量調理故、2つの釜で作ることが多いです。)いきませんが、「同じ釜の飯を食った」仲間ということになります。6年生の皆さんは卒業し、これからは在校生と一緒に学校行事を楽しむことは出来なくなってしまいますが、「山室中部小学校卒業生」としてこれからも繋がっているという気持ちを忘れないで下さい。先生や学校職員、この記事をご覧の保護者の皆さんにも卒業した「母校」があるはずです。大人になってからもみんなの記憶に残っていく大切なものです。

 明日はいよいよ「卒業証書授与式」です。6年生へ、少し早いですが給食室から「卒業おめでとうございます!」明日に備え、今日は早く寝ましょうね。あと、当日はハンカチを忘れずに・・・。

3月17日の給食(#118)

今日の献立は、
 ○ 食パン、ブルーベリージャム
 ○ 牛乳
 ○ 豆腐ハンバーグ
 ○ ジャーマンポテト
 ○ キャベツのクリーム煮
 ○ いちご
です。

 今年度の給食もとうとうあと「4回」となりました。6年生は「今日と明日」だけになってしまいました。給食室としても、最後の日まで気を抜かず給食調理業務をしていきます。

 フルーツには、1個だけですが「いちご」がついています。甘酸っぱい味わいで、赤くてつぶつぶの姿が特徴です。子どもたちも楽しみにしていたのではないかと思います。
給食室に納入されたいちごを見てみると、品種は「紅ほっぺ」で、産地は「愛知県産」でした。
 おまけも少しだけですがあったので、各クラスに入れました。

 今日の給食のジャーマンポテトに使用される「じゃがいも」に小さな星形を1個だけ入れました。今月の給食だよりの裏に作り方が書いてあり、それを見るとじゃがいもは「茹でる」となっていますが、今日のジャーマンポテトは「揚げて」あります。なので、崩れにくくなっています。
 全校で一つと言えば・・・今年最後の緊急mission!
「ジャーマンポテトの中に1つだけ入っている小さな星形を探し出せ!」

画像1 画像1

3月16日の給食(#117)

今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ 親子煮
 ○ ししゃものから揚げ
 ○ 小松菜のコーン和え
 ○ りんごタルト
です。

 いよいよ北陸新幹線が開業して、ニュースや新聞でいろんな話題が取りあげられています。テレビで新型車両を見ることはありましたが、開業すると実際に見る機会が増えてくるでしょう。「つるぎ」とか「はくたか」など種類があるそうですが、速達タイプの「かがやき」は新高岡駅を通過します。昨日、新高岡駅でかがやきが通過する姿を見ました。「めちゃめちゃ早いです!」この記事をご覧の皆さんはもう見られましたか?実際に乗られた方も、いるかもしれませんね。「グランクラス」一度でいいから乗ってみたい・・・。

 親子煮は、かつお節でとっただし汁に鶏もも肉・たまねぎ・人参・つきこんにゃく・厚揚げ・いんげん、そして鶏卵と7種類の食材を使って作りました。
親子煮に使った卵は約41キログラムです。以前「41キログラムは何個なのか?」をやったのでここでは書きませんが、かなり膨大な量であることは間違いありません。今回も一個一個手で割っていき、殻や血の入った卵を取り除きながら作業しました。

 今日の昼の校内放送でのメッセージでも発表しましたが、卵を「ふんわり」させるために、弱火でゆっくり30分位蒸らすようにして加熱しました。おかげで卵が柔らかく仕上がっています。

画像1 画像1

3月13日の給食(#116)

画像1 画像1
今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ すりみ揚げ
 ○ もやしのアーモンド和え
 ○ みそけんちん汁
です。

 1年に1回だけ、この季節頃(今年は例年より遅れてました。寒い季節「冬」に給食に出てきます)に実施されるメニューである「すりみ揚げ」給食に今年も登場です。

 白身魚のすりみの中に、たまねぎ・いんげん・粒コーン・水煮大豆・刻み昆布をまぜたものを一つ一つ形を整えながらフライヤーに入れていきます。普段の揚げ物より少し低めの油温(160度)に設定して作業を進めました。子どもたちには人気のあるすりみ揚げなのですが、調理過程は結構ハードです!「一つ一つを均等」にフライヤーへ入れるのも大変です・・・大きさにバラつきがあったりしたら、クラスでの配膳時に「ケンカ」になっちゃうかもしれません。それに低めの油温とはいえ、すりみに色がつくのが早い上、均等に色をつけるために裏返しにしないといけません。その為、普段は揚げ物は一人で揚げているのですが、栄養士プラスで3人がかりで揚げています。衛生的に作業を進め、かつスピードも要求されるメニューです。

 揚げたてはパンパンに膨らんでいて、色もこんがり美味しそうな色をしていました。「おまけ」も、学年によっては少しだけ入っています。

3月12日の給食(#115)

今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ えびと豆腐のうま煮
 ○ 笹かまぼこ
 ○ 白菜の翁和え
 ○ デコポン
です。

 「白菜の翁和え」って何?ってこの記事をご覧の皆さんは思われたかどうかはわからないですけど、少なくとも私は思いました!各クラスの配膳車に、給食室から「お便り」を給食と一緒にのせました。このお便りは、栄養士が作ってくれたのですが、読んでみると・・・「へぇ〜!」と、つい言ってしまうくらい驚きでした。

 以下抜粋・・・今日の献立は「白菜の翁和え」です。翁和えは、野菜をとろろ昆布でまぶして和えた、富山県の郷土料理です。小袋の「とろろ昆布」がついています。白菜ときゅうりのおひたしに、とろろ昆布をまぶして和えて食べて下さい。とろろ昆布で和えることで、うま味がアップして、美味しい和え物になります。

 富山県の郷土料理との事ですが、私は翁和えという名前も実は初めて聞きました。(富山県民なんですけど・・・。)
返ってきた食器を見てみると、ごはんの食器にも「やっぱり」昆布が着いて返ってきている物が多数見られました。今日の給食は、ごはんにも和え物にも昆布をかけて食べるといった、「富山県民の子どもたち」には昆布の美味しさを楽しんでもらえたようです。

 えびと豆腐のうま煮の中に、人参の小さな星形を30個入れました。白い豆腐の中に赤い人参なので、比較的見つけやすいかも?

画像1 画像1

3月11日の給食(#114)

画像1 画像1
今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ 肉じゃが
 ○ ほたてのバターしょうゆ味
 ○ 切り干し大根のケチャップ炒め
です。

 切り干し大根のケチャップ炒めは、回転釜に油をひいて、ベーコンと切り干し大根を炒めます。水を少し加え、それぞれ下茹でしたアスパラガスとピーマンを入れて、コンソメ・みりん・トマトケチャップ・しょうゆで味付けをしてあります。切り干し大根が「麺」だと思えば、見た目は「スパゲッティナポリタン」です。今の季節では珍しいアスパラガス(冷凍ですが・・・)入っていて美味しく仕上がってます!

 先日の記事でも取り上げましたが、
4年前の「今日」3月11日、東北地方は今までにない地震及び津波による大災害に見舞われました。時間は午後2時46分・・・、発生した大地震によってたくさんの死者・行方不明者が出たことや、ニュースで放送される津波の様子を見て「これは今本当に日本で起こってることなのか?」と自分の目を疑ったのを覚えています。「CG(コンピューターグラフィック)なのか」とも思うくらい衝撃的な映像でした。

 発生時刻、私は本校ではない別の学校に勤務しており、午後からの食器の洗浄業務をしていました。富山でも体に感じる地震だったのですが、仕事中で動いていたこともあって全く気付きませんでした。校内放送があったと思うのですが、午後の給食室は食器洗浄機や換気扇の音が大きくて、はっきりと聞こえませんでした。片付けが終わって初めて地震が起こったことを知り、ニュースの衝撃的な映像を見ていた記憶があります。この地震で原子力発電所の事故による放射能漏れの影響から、野菜や食肉・海産物等の「風評被害」が問題になっていました。4年経った今、当時のような問題は少なくなってきていますが、発生当時から放射能だけではなく外国産の食品なども含めて「食の安全」に対する国民の意識は高くなっています。

 「食の安全」・・・。現在でも産地偽装や異物混入、食中毒など食に携わる私達にとっては「他人事ではない!」ニュースが度々報道されています。震災は私たちに、人が生きるために重要な部分を占める「食」を生業としているということ、かつ子どもたちへの食育としての「教育」、子どもたちの「成長を助ける」職業であるという自覚をもって、これからの業務を遂行していかなければいけないなという気持ちにさせられる出来事であったことには間違いありません。

3月10日の給食(#113)

画像1 画像1
今日の献立は、
 ○ コッペパン
 ○ 牛乳
 ○ オムレツ
 ○ 花野菜サラダ
 ○ ポトフ
 ○ フルーツヨーグルト
です。

 花野菜サラダは、その名の通り花野菜であるブロッコリーとカリフラワーが使われています。ブロッコリーもカリフラワーも同じアブラナ科の野菜で、キャベツの原種である「ケール(青汁の原料)」から蕾の部分が大きくなったキャベツの一変種だそうです。緑黄色野菜であるブロッコリーの方がカリフラワーより栄養的に優れているようです。 フレンチドレッシングで和えてあるのですが、どうでしたか?

 雪が今晩から明日の朝にかけて、強風を伴った大雪になる可能性があるそうです。明日は少し早く出勤・登校した方がいいようです・・・。登校時は恐らく雪が降っていると思うので、子どもたちには気を付けて登校してもらいたいと思います。

3月9日の給食(#112)

今日の献立は、
 ○ 赤飯
 ○ 牛乳
 ○ とんかつ
 ○ 添え野菜
 ○ ミニトマト
 ○ 紅白白玉汁
 ○ 桜ゼリー
です。
 今日の給食は、「卒業お祝い献立」です。主菜はとんかつで、私が学校給食の調理に携わった頃からすでに、入学には「エビフライ」で、卒業には「とんかつ」が毎年恒例のように給食に出ていました。いつ頃から行われていたのか少し気になるところですが、とにもかくにも「伝統」ある今日のお祝い献立です。

 6年生の給食回数は、今日を含めてあと8回(在校生はあと10回)と、いよいよ両手を使えば数えられるまでになりました。昼に各階に配膳車を運んでいると、6年生が卒業式当日に歌う歌の練習をしていて、歌声が聞こえてきていました。「卒業」が現実味を帯びてきています。

 日頃から私達は、「小学校で食べた給食は美味しかった。」という思いをもって卒業してほしいと願っています。これは私だけではないと思うのですが、自分が小学生だった時に食べた給食のことを覚えていませんか?うっすらではありますが、美味しかった記憶がありませんか?ほとんどの方が「そうそう」と思ってくれたはずです。本校の子どもたちにも、私達が子どもの頃そう思って卒業していったように、大人になってから「小学校の頃食べた給食は美味しかったなぁ」と思い出してもらえるような給食を提供していきたいと思っています。

画像1 画像1
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

保健関係書類

学校だより

富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141