最新更新日:2018/11/21
本日:count up45
昨日:94
総数:336216

ご卒業おめでとうございます(6年生)

 温かな日差しに包まれ、笑顔いっぱいで山室中部小学校を巣立った147名の卒業生。

 この二年間、「心は一つ」を合言葉に、行事に向けて147名が一丸となって取り組んでいくなかで、子供たちはたくさんの失敗と成功を体験し、やり遂げた喜びを味わい、その度に成長することができました。そして、その取り組む様子は多くの先生方・職員のみなさんからほめていただき、自信へとつながりました。小学校生活最後の行事である卒業式の姿に、これまでの成長の積み重ねと頼もしさを感じました。
 
 この山室中部小学校で学んだことを生かし、中学校へ進学しても、着実に自分の道を歩んでいってほしいと願っています。わたしたち担任5人は、いつでもどこにいても、ずっとずっと応援しています。

      〜 進む道は違っても ずっと大切な仲間 心は一つ 〜

巣立ちの会(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 6年間通い続けた学び舎との最後の別れになるのが「巣立ちの会」です。

 家族や教職員、4・5年生に見守られながら、6年生は感謝のことばを述べ、小学校へ万歳を贈りました。
「ばんざーい。ばんざーい。ばんざーい」
 全員の心が一つとなり、喜びと感謝の気持ちで満ちあふれた声が、あたたかな春風にのって校庭に響き渡りました。

 「巣立ちの会」が終わろうとした時、6年生から校長先生へサプライズプレゼントを贈りました。今年度をもってご退職される校長先生に、感謝の気持ちを込めて、卒業証書を手渡したのです。同時に、大きな拍手がわき上がりました。本校では、4年間お世話になりました。本当にありがとうございました。

 最後は、在校生がつくってくれた花道を、祝福されながら一歩一歩ふみしめ、思い出多き山室中部小学校を立派に巣立っていきました。

感動の卒業式(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3月19日(木)、平成20年度富山市立山室中部小学校の卒業式が行われました。
 小学校6年間を通じて、見守り支えてくださった多くの方々への感謝の気持ちを伝え、心身ともに大きく成長した自分の姿を見ていただこうとと、一人一人が気持ちを引き締めて卒業式に臨みました。

 卒業式では、まず、校長先生から一人一人が卒業証書を頂きました。同時に、ステージ横に設置してあるスクリーンに、家族の方への感謝の言葉、これからの自分の抱負など、一人一人のメッセージが映し出されました。その後、家族の方へ花束を渡しました。照れくさそうに、でも、嬉しそうに一言そえて家族の方へ花束を渡す姿は、見ているだけでジーンとこみ上げるものがありました。次第に、体育館が温かな雰囲気に包まれてくるのが分かりました。

 次に、校長先生、渡辺教育振興会会長、皹PTA会長から、祝福と励ましのメッセージをいただきました。小学校生活を通して、様々な喜びや苦しみを乗り越えたことに自信をもち、中学生として力強く出発する希望や勇気をもつことができました。

 最後は、卒業生・在校生全員による「門出のことば」。6年間の思い出を、お世話になった方々への感謝の気持ちを、そして、未来への希望を、一言一言に思いを込め、しっかりとした声でよびかけました。在校生からは言葉とともに、合唱「あなたにありがとう」の贈り物。しめくくりは、卒業生全員による合唱「さよならは言わない」。体育館中にきれいなハーモニーが響き渡りました。一つ一つの歌詞が、いつも以上に心に響き、染み込むようでした。

 6年生の合言葉は『心は一つ』。小学校生活6年間のしめくくりである卒業式、147人で創り上げる最後の行事である卒業式。本当に素晴らしい卒業式になったと思います。そして、6年間での子供たちの大きな成長を感じていただけたともに、きっと子供たちの感謝の思いもみなさんの心に届いたことと思います。

同窓会入会式(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 修了式に引き続き、同窓会入会式を行いました。

 地域の方々に支援していただきながら、山室中部校下の地域に貢献できるように努力をしていきたいことなど、児童代表が決意や気持ちを述べました。
 また、PTA副会長さんからは、これからの生活に希望をもてるような言葉をいただき、これまで地域の方々から支えていただいたことへの感謝の気持ちや、これからもふるさとを大切にしていきたいという気持ちが高まりました。

 今後は、山室中部小学校の卒業生であるということを誇りにして、地域を支える一員として頑張っていってほしいと願っています。

小学校生活最後の修了式(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月18日(水)、卒業式前日に、6年生の修了式を行いました。

 子供たちは、今までの修了式とはちがい、最後の修了式であるという気持ちが表れていて、とても厳粛な雰囲気で式が進みました。
 各クラスの代表が、修了証を校長先生からいただきました。

 校長先生から、今までの一年間、6年生は最高学年として、真面目にいろいろなことに取り組み、山室中部小学校をしっかり支えていたことをほめていただきました。そして、真面目に学習や仕事に取り組むことができる人は、人から信頼されながら自分自身の力を伸ばすことができ、大成できるということを教えていただきました。また、中学校へ進んでも、この力を生かしてほしいと言われました。卒業を目前にした6年生にとっては、何よりもうれしい言葉でした。

 仲間とともに培ってきた力をますます伸ばし、中学校でも一人一人が活躍できることを願っています。  

ありがとうございました!〜6年間、お世話になった校舎〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月11日(水)の朝、6年生全員がくじらルームに集合しました。
 感謝の気持ちを伝えよう委員会の各クラスの実行委員が、卒業を前に、お世話になった校舎を6年生みんなで清掃しようと呼びかけたのです。これまでの感謝を気持ちを伝えるため、何よりも心を込めて掃除をするために、『サイレント』で掃除をしようと伝えました。友達と一言も話さずに活動を行うのが『サイレント』。宿泊学習の野外炊飯で、所の方から「全員の真剣さが伝わる。」と、ほめていただいたやり方です。
 もちろん、147人が『サイレント』で掃除できるように、実行委員は事前に入念に計画表を作ったり、掃除分担を話し合ったりしてきました。実行委員のその思いに、6年生はみんな賛成。『サイレント』で掃除をすることに決まりました。

 12日(木)は、その第一回目。三角巾をして身支度を調え、心も準備。グループごとに集合し、掃除が始まりました。シーンと静まりかえった校舎。体育館、トイレ、階段など、子供たちのがんばりで少しずつきれいになっていきました。下級生の下駄箱の中や窓のさんなど普段できないところも、丁寧に掃除をしました。

 12日・13日の二日間の掃除でしたが、子供たちはお世話になった場所を掃除しながら、この6年間を思い出したり、感謝の気持ちをより強めたりしたようです。

ありがとうございました!〜先生方、職員のみなさん〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3月10日(火)の給食時間の終わりに、教職員の方々一人一人に、感謝の気持ちを込めて、手紙・花束・写真をプレゼントしました。

 3人が一組となり、6年生を代表して感謝の手紙を書きました。委員会でお世話になったこと、クラブ活動でお世話になったこと、低学年で担任していただいた思い出など。手紙を書きながら、先生方や職員のみなさんとの懐かしい思い出が、子供たちの心によみがえったようでした。

 さっそく、職員室では、いろいろな先生方や職員のみなさんから、「ありがとう。」「6年生の心のこもった手紙、とってもうれしかったよ。」と声をかけていただきました。
 お世話になった方々へ、しっかりと感謝の気持ちを届けた子供たち。もうすぐ、卒業式。たくさんの方々との思い出を振り返りながら、呼びかけや歌で感謝の心を伝えたいと思います。

ありがとうございました!〜在校生のみんな〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「ありがとう。」「楽しかった−。」
 3月9日(月)3・4限、6年生は、卒業を祝う会に招待され、心温まる楽しいひとときを過ごすことができました。

  体育館の壁を埋め尽くす、すばらしい飾り付け。その中で、1〜5年生が、6年生のために練習を積み重ねてきた合奏、合唱、クイズ、呼びかけなど、感謝の気持ちがこもった発表をしてくれました。

 そういえば、ちょうど1年前、休み時間や放課後に苦労しながら卒業を祝う会や卒業を祝う週間を企画・運営してきました。その経験が重なり、在校生の温かい感謝の気持ちが心の中にしみわたりました。

 在校生の発表後、6年生は、感謝の気持ちを込めてSMAP「ありがとう」の曲に合わせて、ダンスを踊りました。最後には、在校生の中に混ざって一緒に踊りました。肩を組む動作もあり、笑顔が体育館いっぱいに広がりました。踊った後に、感謝の気持ちを込めて握手をしました。
 最後に、手作りの「ホワイトボードマーカー入れ」「カレンダー」「プロジェクトカバー」を各学級にプレゼントしました。

 「ありがとう。」
 在校生から感謝の気持ちがいっぱい詰まったプレゼントをいただき、6年生は幸せいっぱいです。
 「本当にありがとう。」

感謝の気持ちを伝えよう〜学校へのプレゼント〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3月9日(月)3・4限に行われる卒業を祝う集会で在校生に渡そうと、感謝の気持ちを込めて製作してきた作品がついに完成しました。

<ホワイトボード用マーカー入れ>
 牛乳パックを利用し、周りに千代紙を貼り付けました。マーカーだけでなく、マーカー消しも入るようにデザインを工夫しました。千代紙をボンドで貼り付けるのが大変でしたが、すてきな出来映えに子供たちも大満足でした。
<プロジェクターカバー>
 黄緑色・空色・黄色の3色のギンガムチェックの布に、子供たちのアイディアを凝らしたアップリケが縫い付けてあります。どれ一つ、同じアップリケがないのが自慢です。一針一針心を込めて縫い付けました。
<カレンダー>
 来年度用のカレンダーを作りました。使いやすいように来年度の主な行事を書き入れたり、上学年・下学年向けにデザインを2種類作ったりして工夫しました。また、プレゼントしてすぐに使ってもらえるように、今月分のカレンダーも入れました。

 これらのプレゼントを手作りの袋に入れてプレゼントします。6年生全員の感謝の心がいっぱいつまったプレゼントです。在校生や先生方に喜んでもらえると嬉しいです。

ふれあおう集会〜5年生とドッジボール〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 3月4日(水)のやまびこタイムに行われたふれあおう集会では、5年生とドッジボールをしました。

 6年生、5年生の各クラス男女混合6名ずつが、5年生と6年生の同じクラス同士でチームを組み、トーナメント戦で対決しました。いつもに増して気合い十分の子供たち。男子の投げるスピードボールにも素早く反応したり、キャッチしたりする女子も現れたりして、たのもしく思われました。
 また、ドッジボールに参加しない子供たちは、自分たちのクラスメートを応援しました。見事にボールを当てたときは、大きな歓声があがり、体育館いっぱい楽しい笑顔があふれていました。

 5年生の企画により行われたふれあおう集会も、今日で最後となりました。5年生のおかげで、下級生とたっぷりふれあうことが出来ました。また、去年の自分たちのことも思い出しながら、温かく5年生の進行を見守る姿も見られました。
 一歩一歩と、卒業へ向けて、カウントダウンが進みます。残された少ない日々を大切に過ごしていきたいと思います。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 着任式・始業式  交通安全指導(〜4/15)
富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141