最新更新日:2020/07/03
本日:count up18
昨日:73
総数:407317
6月1日(月)から学校再開 

劇「白見山の竜」〜エピローグ〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 28日(火)に、6年生全員で、学習発表会当日に撮影した劇「白見山の竜」のVTRを見ました。

 自分たちの演じる劇のVTRを見るのは、これで2回目です。しかし、子供たちにとって小学校生活最後の学習発表会のVTRだけに、子供たちは最初から最後まで、画面に食い入るような真剣な表情で見ていました。劇「白見山の竜」にかける子供たちの熱い想いが伝わってくるようでした。

 来賓や保護者の方々、先生方から「とてもすてきな劇だった。」「涙が出てきた。」「6年間の成長が感じられ、嬉しかった。」などとたくさんのお誉めの言葉をいただきました。6年生が目指していた「心で伝える」劇を演じることができた手応えを感じることができました。
 そして、何よりも、147人の心を一つにしてやり遂げたという達成感が、子供たちにとって大きな喜びとなったようです。学習発表会を通して、一回りも二回りも大きく成長した子供たち。きっと保護者の方々もそう感じておられるのではないでしょうか。

 この147人の仲間と一緒だったから頑張ることができた、そして、創り上げることができた劇「白見山の竜」。きっと、子供たちの心の中に、いつまでも宝物として残るものと思います。そして、その想いは担任4人にとっても同じです。

147人の心は一つ! 「白見山の竜」(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 26日(日)は、小学校生活最後の学習発表会。147名全員が、「最高の劇を創り上げたい」という強い思いで、本番に臨みました。
 しかし、校内学習発表会以上に緊張感が高まっていた子供たち。ステージ裏では「緊張する。」「大丈夫かな。」と、幕が上がる前からドキドキ。でも、さすが6年生。合唱隊の優しい音色のリコーダー演奏から始まり、解説隊が一言一言丁寧に解説を語り、劇がスタートしました。そして、友達の頑張る姿を見ながら、役者たちは自分の役になりきって演じていました。
 最後まで、自分の役割(役者、合唱、解説)や仕事(大道具、照明、効果音)を一人一人が責任をもってやり遂げ、本当に満足できる劇を創り上げることができました。

 一人一人の頑張りが、そして、全員の心が、会場の皆様に伝わったように思います。子供たちの6年間の成長を感じながら、ご覧になっていた方も多かったのではないでしょうか。そして、中には、思わず涙ぐんでおられた方も・・・。
 子供たちは、劇を通して、自分たちの頑張りや成長を家の方に見てもらおうという気持ちも大きかっただけに、フィナーレの「人として」の合唱の後には、やり遂げた満足感があふれ、最高の笑顔でいっぱいになりました。

 この劇を通して学んだ多くのことを、これからの学校生活にも生かしていってほしいと願っています。
 これからも、147人の心は一つ! 頑張れ6年生!!

メイキング「白見山の竜」〜校内学習発表会〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 『心を一つに』『心で伝える』
 これは、6年生が劇を演じる上で一番大切にしていることです。

 10月22日(水)、校内学習発表会で、6年生は、劇「白見山の竜」を見事に演じることができました。多くの先生方から「感動した。」「涙が出てきた。」などのお誉めの言葉をいただきました。そのような評価をいただけたのは、6年生の『心が一つ』になったからだと思います。

 実は、校内学習発表会前日の練習では、心がばらばらでした。20日(月)に、校長先生と教頭先生に見ていただいたところ、「一体感があり、すばらしい。」とよい評価をいただきました。すると、安心したのでしょうか。21日(火)の練習では、残念なことに、気のゆるみがいたるところに見られました。
 「もっと上手になりたい。」と全員が望まなければ、『心が一つ』になる劇はできません。これをきっかけに、子供たちの心は、再びまとまり始めました。全員が心を込めて演じれば、きっとよい劇を創り上げることができるはず。今の自分たちに足りないのは、「心を一つ」にして精一杯取り組む気持ち、口先ではなく「心で伝える」演技を目指す気持ちであると気づくことができました。

 校内学習発表会でよい評価をいただきましたが、これで満足はしていません。「もっとレベルの高い劇を演じられるようになりたい。」「ミスをなくしたい。」
 6年生は、26日(日)の学習発表会に向け、再び走り出しました。当日、ぜひ足を運んでいただき、6年生が挑戦している『心で伝える』劇をご覧ください。

メイキング「白見山の竜」〜通し練習◆繊複暁生)

画像1 画像1
 20日(月)は、衣装を身につけ、効果音や大道具など細かな動きも全て入れて、通し練習を行いました。また、校長先生、教頭先生をお招きし、観ていただくことにもしました。子供たちは、本番と同じくらいのピリピリした緊張感の中、演技しました。

 演技が終わると、校長先生と教頭先生から「6年生全員が一体となって演技している気持ちが伝わります。」と最高のほめ言葉をいただき、子供たちもほっとした様子でした。

 5限目には、自分たちの演技をビデオで振り返ったので、本番までに直すところやもっと練習したらよいところを一人一人確認することができました。
 本番まであとわずか…。「147人の心は一つ!全力をつくして、最高の劇を創り上げよう!!」の学年の目当てに向かって、頑張れ!6年生!! 

メイキング「白見山の竜」〜通し練習〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 通し練習を始めて約1週間。日を追うごとに、練習にも力が入ってきました。
 
 演じる人物になりきった演技、場面を盛り上げるような合唱、観客に語りかけるような解説を目指し、一人一人が自分の役割をしっかり果たそうと頑張っています。
 また、通し練習に入ってからは、舞台の展開に合わせて、間をあけないように次の場面につなぐことも大切になってきました。幕間に大道具を動かしたり、演技を効果的に表現するために効果音をかけたり、スポットライトをあてたり…。タイミングや操作が難しくて苦労していますが、練習をするたびに上手になっています。観客からはそれらの姿は見えませんが、縁の下の力持ちとして、頑張っています。
 
 一つの劇を創り上げるためには、みんなの心を一つにしなければうまくいかないことを実感している子供たちです。
 本番まで残り1週間。小学校生活最後の学習発表会にふさわしい劇にしようと頑張る子供たちに温かな応援をお願いします。 

メイキング「白見山の竜」〜役者編〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 劇は、第1幕から第6幕で構成されています。配役決定してから約1週間、劇の形が出来上がってきました。 
 順調に進んでいるのは、各幕ごとに分かれ、子供たち自身の力でパート練習をすることができたからです。先生のアドバイスを参考に、動きを工夫したり台詞の言い方を工夫したりと、互いに教え合いながら創り上げていく姿が見られました。出来上がり具合を見せてもらうたびに、レベルの向上を感じます。

 いよいよ、14日(火)からは、合唱や解説、効果音をつけて通し練習に入ります。観客を意識し、役者になりきった演技を目標にして練習に励みます。

メイキング「白見山の竜」〜大道具編〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 解説者19名と合唱隊48名の合同グループで、劇の大道具作りを担当しています。劇「白見山の竜」の舞台となる村の街道、村人の家、青淵沼を本を参考に描いたり、実物そっくりの草木や岩を作ったりしています。
 
 今から三百年ほど前、真っ白い竜の住み付く青淵沼。大木がうっそうと茂り、真昼なのに、まるで夜中のような青淵沼。物音一つ聞こえない青淵沼。
 青淵沼って、いったいどんな沼?

 台本の言葉をたよりに、舞台となる風景をイメージし、下絵を描く作業から始まりました。そして、模造紙をつなぎ合わせた大きな紙に下絵を写し、仕上げは色塗り。
 今まで描いたことのないスケールの大きさにとまどいながらも、どの作業も友達とアイデアを出し合い、分担しながら進めています。
 
 縁の下の力持ちとなった子供たちの思いが、観客のみなさんに届きますように・・・。

メイキング「白見山の竜」〜解説者編〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 解説隊は、本番を意識した体育館での練習を始めました。観客のみなさんに、劇のあらすじや情景などがしっかり伝わるように、声の大きさや強弱、間の取り方など細かなところにも気をつけながら練習に取り組んでいます。

 劇を観る人全員が、物語の世界に入り込むための案内役を目指し、しっかりと練習を重ねていきたいと思います。

メイキング「白見山の竜」〜合唱編〜(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 合唱隊では、劇の雰囲気を盛り上げたり、登場人物の心情を歌って伝えたりするために、挿入歌の練習に取り組んでいます。また、劇のオープニングには、リコーダー演奏も取り入れ、始まりにふさわしい雰囲気を作り出そうと頑張っています。
 
 白羽の矢が立つかもしれないという不安、青淵沼の不気味な様子、白見山の竜の様子などがしっかり伝わるように、練習を続けていきます。どうぞ、お楽しみに!

どちらが好きですか?英語活動(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 10月7日(火)5限に、3組と4組は、英語活動を行いました。

 Which do you like 〜 or 〜.(あなたは、〜と〜のどちらが好きですか?)
 I like 〜.(わたしは、〜が好きです。)

 食べ物、乗り物、スポーツ、教科、季節など、子供たちの知っている単語が多く、楽しく会話練習をすることができました。担任またはエリック先生が、順番に一人ずつ質問をしたところ、全員が答えることができました。

 日曜日と月曜日ではどちらが好きですかの質問では、月曜日と答える子供が予想以上に多く、驚きました。学校で勉強できるから好きなのかな、それとも友達と会えるから好きなのかな?

 次の英語活動の時間が楽しみです。なお、1組と2組は、同じ内容の学習を10月21日(火)に行う予定です。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
今月の予定
3/16 交通安全指導
(富山市中学校卒業式)
3/17 卒業式予行/ALT英語活動
3/18 6年修了式/同窓会入会式
3/19 卒業式(1・2・3年休業日)
3/20 春分の日
富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141