最新更新日:2018/11/15
本日:count up82
昨日:106
総数:335825

2月12日の給食(#96)

画像1 画像1
今日の献立は、
 ○ ごはん
 ○ 牛乳
 ○ 魚の竜田揚げ
 ○ ひじきの炒め煮
 ○ すいとん
 ○ バナナ
です。

 魚の竜田揚げは、鯵(あじ)切り身をしょうゆ・生姜・酒で下味をつけたものに、片栗粉をまぶしてフライヤーで揚げたものです。
 「竜田揚げ」とは、肉や魚等をしょうゆやみりん・酒で作ったタレに漬け込んで下味をつけたものを片栗粉のみで揚げたものを指すようです。(まさに今日のメニューです♪)では、「から揚げ」との違いは何なのでしょうか?食材・粉・下味の種類をあまり問わないのが一般的な「から揚げ」です。それとは違い、竜田揚げは下味や粉に規定があるのが特色です。
 給食での竜田揚げと聞いて、私がまず頭に思い浮かんだのが「鯨(くじら)の竜田揚げ」です。小学生だったころ食べた記憶が残っています。何十年も前の給食ですが、とても美味しかった気がします。現在では、なかなか鯨の肉は食べれなくなりました。今の子どもたちに食べさせることが出来ないのが残念です。この話は、私達30〜40代の大人じゃないと出来ませんよね!懐かしいです。
 給食室で揚げたてを見てみると、カラッと揚がっており、とても美味しそうでした。クラスに配膳される頃には、さすがに冷めていると思いますが、味は変わらなく「美味しい」はずです。

うれしいな!創校記念 おめでとう献立(2年生)

 今日は、学校のお誕生日をお祝いした特別献立の日。
 普段、学校給食にはめったにでない揚げパン、コーヒー牛乳に、朝からうきうきの子供たちでした。揚げパンをぱくり、コーヒー牛乳をぐいと飲み、にこにこ笑顔が見られました。野菜たっぷりクリームシチューには、なんとハートのニンジンも入って、うれしい楽しい給食になりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2月10日の給食(#95)

今日の献立は、
 ○ 揚げパン
 ○ コーヒー牛乳
 ○ きゅうりもみ
 ○ 野菜たっぷりクリームシチュー
です。

 ♪Happy birthday〜!♪
 今日は山室中部小学校が「生まれた日」です。昭和52年の「今日」この学校が創校されたそうです。(実際「学校」として子どもたちが通ったのは4月1日だと思いますが)だとしたら、山室中部小学校は「38才」になったって事でしょうか?おめでとうございます♪これを記念して今日は「山室中部小学校 創校記念おめでとう献立」という、前日もチラッと述べましたが給食委員会の児童が考えたメニューの中で、全校児童から投票で決定去れたメニューが今日の献立になっています。

 本校児童の中で「揚げパン」を食べたことのある子はどれだけいるのでしょうか?この記事をご覧の「保護者」の皆さんの中には小・中学生時代に食べたことのある方もおられるかもしれません。ですが、富山市の学校給食としては「今日みたいな特別献立」の日じゃないと食べることが出来ません!実際、現在在籍している子ども達は「給食」では食べていないはずです。なかなか食べれない貴重なメニューですので給食室としても、是非子どもたちに「思い出の給食」として記憶に残るものになればいいなとフル稼働で作業しました。
 フライヤーで油温を200度以上に設定し、コッペパンを「さっと」油通しする感覚で揚げ、きな粉とグラニュー糖を合わせて作った粉をまぶして配缶していきました。栄養士も含め「5人がかり」でスピード勝負の揚げパンを調理・配缶しています。今日の給食は揚げパンだけではありません。きゅうりもみや野菜たっぷりシチューなどのメニューもしないといけない中で、揚げパンに5人も人員を割くということは800食を調理する本校給食室としては「大変」なことではありますが、いかに揚げパンが「忙しいメニューそして目玉商品」であることが分かってもらえるかと思います。実際普段の給食では、包装や異物・見た目のチェックと配缶をしていけばいいのですが、今日は「揚げて、きな粉をまぶし、配缶する」という作業に追われ、忙しかったことは間違いありません!ですが、残食を調べてみると、全校で0.3キログラムでした。さすが自分達で選んだだけのことはあり、他のメニューもほとんど残食はありませんでした。
 山室中部小学校の「38才」を祝して、クリームシチューに使われる人参に37個「ハート形」を、残りの1個は「星形」にして混ぜてあります。合わせて38個!!
このめでたい日に、「プレミアム」な星形をGETするのは・・・・。
緊急mission。
「クリームシチューにハート形の人参37個に紛れて1個だけ入っている星形人参を探しだせ!」

画像1 画像1

2月9日の給食(#94)

今日の献立は、
○ ごはん
○ 牛乳
○ 麻婆豆腐
○ きびなごのさくさく揚げ
○ ごまびたし
です。

 麻婆豆腐は、前回紹介した時(12.11#65)の法則通り、絹ごし豆腐で作る「しょうゆベース」バージョンです。使われる食材は、絹ごし豆腐と干し椎茸以外(生姜・にんにく・ねぎ・人参・たけのこ)全て「みじん切り」になっています。豚ひき肉も炒めるとパラパラになるので、全校分で79キログラム使われている豆腐が、バッチリ目立ってます。辛さも程よく、絹ごし豆腐の滑らかな食感がとても美味しそうに仕上がりました。
 きびなごのさくさく揚げに使われる「きびなご」、この記事をご覧の皆さんはご存知ですか?ニシンの仲間に分類される魚で、体長は10センチほどで「調理法次第では骨まで食べれる」魚です。もちろん今日はフライヤーで「さくさく」に揚げているので、骨ごと食べれます。カルシウムも摂取できる「一番効率のいい食べ方」ですね!
【予告】
 明日10日は、山室中部小学校の創校記念日、いわゆる「誕生日」です。というわけで、以前に給食委員会の児童が考えたメニューを、アンケートで全校児童から投票で決定した「山室中部小学校 創校記念おめでとう特別献立」が実施されます!その中の目玉商品は、なんといっても「揚げパン」です。揚げパンを調理している様子は明日の記事で詳しく説明していきます。
 お楽しみに!

画像1 画像1

冬のフェスティバル3

 豆つかみ、射的、輪投げなどのコーナーもありました。どのコーナーでも子供たちが楽しんでいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

冬のフェスティバル2

 魚釣り、缶つみでは、先生も混じって参加しました。ストラックアウトでは、9枚全部抜いた6年生もいて、周りもびっくりしていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

冬のフェスティバル1

 2月8日(日)山室中部小学校アリーナと地区センター前交通公園で山室中部ふるさとづくり推進協議会主催の「第25回山室中部冬のフェスティアル」が開催されました。児童クラブ、母親クラブ、小学校PTA、中学校PTA、女性防火クラブ(若葉台、流杉)、山室荒屋自主防災が共催、日本赤十字社富山県支部が後援です。
 アリーナで開会式が行われ、その後、各町内の児童クラブや5・6年生の児童で準備した、ストラックアウト、魚釣り、射的、フリースロー、缶つみ、豆つかみ等のコーナーや炊き出し体験、お楽しみ抽選会がありました。中学生のボランティアの方も多数協力してくれました。参加した子供たちは、色々なコーナーを十分に楽しみ、景品のお菓子をたくさんもらい、炊き出しのハイゼックス(包装食)や豚汁を食べ、満足そうでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

豆腐作り体験その6(5年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
豆腐を食べた子供たちは、
「おいしい!」「大豆の味がする!」「甘い!」など、
その美味しさに驚きの声を挙げていました。

これまでの大豆作りの経験なども思い返したのか、「豆腐が作られるまでの苦労が分かった」と言っている子供もいました。

本やインターネットを通して調べた知識だけでなく、実際に体験することを通して、子供たちは食べ物のありがたみや、食料を生産することへの苦労を再確認することができたようです。

富山県豆腐商工組合の皆様、貴重な体験の場を設けてくださり、本当にありがとうございました。

豆腐作り体験その5(5年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
温かい豆乳をにがりを入れたボールに流し込み、木べらでさっと一混ぜ。
しばらく置いておくと、豆腐の完成です。

子供たちの育てたオオツルが豆腐になりました!

豆腐作り体験その4(5年生)

生呉を鍋で火にかけ、器具に流し込み絞ると、豆乳ができあがりました。
これまでの総合の学習の時間に、大豆から豆乳、おから、豆腐などが出来ることを知っていた子供たちですが、実際に目の前で豆乳やおからができる様子に見入っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

保健関係書類

学校だより

富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141