最新更新日:2018/11/09
本日:count up12
昨日:95
総数:335444

3月14日(金) 卒業前の気持ちを俳句に

画像1 画像1
 卒業前の気持ちを俳句で表現しました。

 希望と不安が入り混じった複雑な心境を五七五で表現し、卒業の掲示としました。卒業式では保護者の皆様にも見ていただくことになります。子どもたち一人一人の思いを感じていただけたらと思います。

3月13日(木) 思い出会食

画像1 画像1
 お世話になった先生方をお招きして簡単な会食を行いました。
 
 授業や校外学習等でお世話になった先生方をお招きしました。簡単なゲームやクイズで楽しんでいただきました。先生方へのインタビューからは、今まで知ることができなかった意外な一面を知ることができ、楽しいひとときを過ごしました。

3月14日(金) 卒業式予行

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 2限からやまびこタイムにかけて、卒業式予行を行いました。
 
 予行には、卒業式当日には家庭でお祝いすることになっている1〜3年生も参加し、卒業していく6年生の姿を見守りました。

 証書を受け取ったり、門出の言葉を語りかけたりする6年生の姿は、自分たちの卒業式を作り上げるのだという気概に満ちていました。

 在校生も、6年生の立派な姿にあこがれたことと思います。心をこめて卒業の日をむかえる、そういう姿勢が山室中部小学校の伝統になればよいと思います。

将来が楽しみ!ビオトープに植樹(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 ビオトープ活動のしめくくりとして、ビオトープに植樹を行いました。

 3月10日(月)にビオトープ研究の方と一緒に行う予定でしたが、雨がひどかったため、植樹の意義と正しい植え方についての説明を聞きました。
 そして、翌日、37本の苗木を植樹しました。今回植えたのは、アキグミ、コマツナギ、ヤマハギ、ハンノキ、カワヤナギの5種類。どれも肥料木と呼ばれ、ビオトープが豊かな森に成長していくうえでは欠かせない木々です。貴重な働きをする木々であることが分かったので、子供たちは苗木をとても大切そうに運び、丁寧に植えていました。

 今は、どれも30〜70僂阿蕕い両さな小さな苗木です。しかし、ビオトープ研究会の方は、「3年後の木々の生長を楽しみにしてください。」と言われたので、子供たちのビオトープへの思いはますます膨らみました。
 
 子供たちは「現在」にとらわれがちです。だからこそ、このビオトープ活動で、3年後や10年後、30年後の「未来」を見据えて活動することが大切なのです。子供たちにとって、今回の植樹は、「未来」を創り上げていく貴重な体験、財産になったものと思います。

3月10日(月) ワックスがけ

画像1 画像1
 学校の3月は、一般のご家庭の師走にあたります。この時期には、卒業生を送り出し新年度を迎える準備として、校内の美化に努めています。
 
 本日は、放課後、児童を一斉に下校させ、教職員一同で廊下のワックスがけを行いました。1階から3階まで、廊下はピカピカになりました。
 
 先週の金曜日には、教室内のワックスがけを行いました。今週の金曜日には、体育館のワックスがけも行います。きれいな環境で、卒業生を送り出すために、心をこめて学校の美化を行っていきます。

4年生へ ビオトープ発表会(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 先日行った学年内発表をもとに、今年1年間のビオトープ活動のまとめを4年生に発表しました。
 前回の経験を生かし、写真や文字の配置や色を工夫してプレゼンテーション画面を作ったり、難しい言葉を易しい言葉に置き換えて説明したりするなど、4年生に分かりやすく伝えるための工夫がたくさん見られました。
 最後まで真剣に発表を聞いてくれた4年生は、5年生のビオトープに対する思いをしっかりと受けとめてくれたようでした。
 
 子供たちと同じように、ビオトープもこれから長い年月をかけて成長していきます。ともに、地面にしっかりと根をはり、たくましく成長してほしいと願っています。

委員会引き継ぎ式(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3月7日(金)に、委員会引き継ぎ式が行われました。
 この行事を通して、6年生の活動や思いを受け継ぎ、今後は、5年生が中心となって山室中部小学校の委員会活動を運営していこうとする自覚をもつことがねらいです。
 委員会ごとに、6年生からの思いや願いと共に委員会ファイルを受け継ぎました。そして、それに応えるように、来年度への抱負をしっかりと6年生に伝えることができました。 
 子供たちは、いよいよ、バトンが5年生につながれたことを実感したようです。

大成功!卒業を祝う会(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「卒業を祝う会」は、卒業生退場で終了です。今年度は、在校生全員で退場の道を作り、間近で感謝の気持ちを伝えながら、お見送りをする企画でした。
 6年生の笑顔、満足顔が見られ、お見送りする子供たちの心も明るくなりました。

 以前より、「卒業を祝う会」が成功したかどうかの最終評価は、6年生が退場するときの表情を見れば分かると言ってきました。とても表情のよい6年生を見ることができ、5年生はみんな「卒業を祝う会」をやり遂げたという達成感も味わうことができました。

 最後に5年生が体育館に残り、集合しました。そこで、実行委員一人一人が、今回の感想を述べました。「つらいことがあったけど、みんなが助けてくれたおかげで成功させることができました。ありがとうございました。」など、心に響くコメントばかりでした。5年生の子供たちが、苦労しながらも全員で協力し合い、大仕事をやり遂げたことがとてもうれしくて、胸が熱くなりました。
 また、大成功を祝し、5年生全員で拍手をしたり万歳三唱をしたりしました。
 さらに、教頭先生からも、直接、お誉めの言葉と来年度に向けての激励の言葉をいただきました。5年生にとって、大きな自信になりました。 

 最高学年に向け、一歩一歩前進する5年生。学校全体をリードする子供たちへと、着実に成長することを願っています。

大成功!卒業を祝う会(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「卒業を祝う会」の最後を締めくくるのは、恒例の「全校合唱」です。「世界がひとつになるまで」を合唱しました。
 在校生は6年生へ、6年生は在校生へ、一人一人が感謝の気持ちを込めて合唱したため、体育館中に素敵な歌声が響きました。そして、全校の子供たちの心が一つになりました。

 うれしいことに、6年生からアンコールの声が上がり、もう一度、合唱することになりました。全員が両手を挙げ、体を揺らしながら、全校合唱を楽しみました。

 5年生にとっては、「卒業を祝う会」の大成功を実感できた瞬間でもありました。

大成功!卒業を祝う会(5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 3月5日(水)3・4限に、「卒業を祝う会」を開きました。1年生〜4年生の大きな協力をいただき、5年生が、企画・運営しました。
 各学年の出し物のほかに、祝う会を運営するための仕事分担もしました。
 1年生…卒業生入場のエスコート
 2年生…プラカード持ち
 3年生…卒業生の入・退場の花のアーチ
 4年生…卒業生の招待状作り

 10時45分、かわいい1年生のエスコートでの入場から始まり、各学年が趣向を凝らした出し物を披露し、6年生を楽しませました。

 また、8人(必ず6年生に入ってもらう)で円陣を作り、ふれあいを楽しむ「人間知恵の輪」のゲームを行ったほかに、一人一人のメッセージを台紙に貼り、各学級ごとに作成した「感謝のアルバム」をプレゼントしたり、6年生の今後のご活躍を祈って在校生全員で応援したりするなどの特別企画もありました。

 6年生の正面に座っていた5年生は、6年生の皆さんに楽しんでもらえているか、表情を見ながら運営に携わりました。
 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
今月の予定
3/17 交通指導
(富山市立中学校卒業式)
3/18 ALT交流学習
3/19 卒業式
3/21 町別児童会
富山市立山室中部小学校
〒939-8022
富山県富山市山室荒屋162-2
TEL:076-423-1135
FAX:076-423-1141