最新更新日:2017/02/23
本日:count up43
昨日:179
総数:276014

2月23日(木)インフルエンザ発生状況

2月23日(木)のインフルエンザ欠席者数  11名。

花の便り 2月 内裏雛

画像1 画像1 画像2 画像2
 本校生け花クラブ講師の松岡先生が、校内に美しい花を生けてくださいました。
 花や枝を内裏雛に見立てるなどの素敵な演出に、春を待つ想いが伝わります。

卒業お祝いプロジェクト (5年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 5年生は今、6年生の卒業をお祝いするための計画を立てて、学級を解体して活動を進めています。
卒業お祝いプロジェクトの実行委員を中心に話合いを進め、掲示担当、集会担当、贈りもの担当の3グループに分かれて活動をしています。
 他学年にも協力を求めて、全校のみんなで6年生に感謝の気持ちを伝えられる方法はないかと考えを出し合っています。

よくかかる病気の説明会-1,2,3年生-健康委員会

画像1 画像1 画像2 画像2
 本日は低学年を対象に病気説明会を行いました。インフルエンザと胃腸炎について、1年生にもわかるよう工夫した説明がありました。今回は姿勢チェックと手洗い指導の体験コーナーに加えて、紙芝居コーナーを設け、手洗いの大切さについて理解を深めました。

受賞伝達2

画像1 画像1 画像2 画像2
 富山将棋ふれあい将棋大会C級準優勝。富山市スポーツ少年団新人交流サッカー大会第3位。共同募金感謝状。(賞の順と画像は同じではありません)
 おめでとうどざいます。
 藤っ子たちは様々な分野でがんばっています。
 

受賞伝達1

画像1 画像1 画像2 画像2
作品コンクールなどで活躍した児童の表彰です。
「水の事故・ゴミ捨て防止」ポスターの部県知事賞、標語の部県知事賞。
「富山新聞新年子供作品展」詩の部特選・三席、書部佳作、絵画の部佳作。「北日本新聞新年作品コンクール」詩の部入選、習字の部入選。
「みらいのクルマ絵画コンペティション」最優秀賞、優秀賞。
「手紙作文コンクール」銅賞。「川の絵画コンクール」銀賞、佳作。
「ごはんお米とわたしコンクール」作文の部努力賞。



図工「ともだちハウス」(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 自分の分身の友達をペットボトルキャップやどんぐりなどで作ります。
 そして、その自分の分身が住みたい家をイメージを広げ、材料を選び、発想や構想を繰り返しながら自分の「ともだちハウス」つくっているところです。
 「どう、このお部屋。素敵でしょ。キラキラする容器が気に入ったから付けてみた。色も塗ったよ。テーブルやソファーをここに置いて・・・。」
 「この鏡餅の容器の形がおもしろいから、屋根にしよう。かわいいかな。」
 形や材質から発想を得て、イメージに添って彩色したり、組み合わせたりと、想像力と創造力を発揮して、生き生きとつくりあげている子供たちです。

学習参観後のお楽しみ(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 学習参観の生活科「あしたへジャンプ」を精一杯頑張った子供たちのお楽しみは、何と言ってもお母さん手作りのお弁当。
 朝早くから作って頂き、頭の下がる思いです。
 今日は、ピクニックシートで遠足気分を教室で満喫していた子供たちです。

 

学級お楽しみ会「新聞紙じゃんけんバランス大会」(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 お楽しみ会のプログラム作りの話し合いは、本当に白熱します。

 「楽しければよい。」という意見に対して、「学級で学習としてするのだから、楽しくてためにならないとだめではないか。」「みんなで協力して何かをするのがいい。」などなど。
 今回は、「楽しく体力づくりお楽しみ会」のテーマのもと、「新聞紙じゃんけんバランス」がプログラムの一つとして、学級で承認されました。
 新聞紙を最大面積にするように広げ、その中に子供が立ちます。数人で行い、じゃんけんをして、負けた人から新聞紙を元の大きさの半分に折っていきます。負け続けると、どんどん新聞紙面積が小さくなり、自分の立っている場所がなくなってくるのです。
 新聞紙を破らないようにズックを脱いで靴下になる子供。
靴下で滑らないように裸足になる子供。
それぞれチームで作戦を立てて、挑んでいるようです。
 「ちょっと、待って、あーー。倒れる。」
 「手を広げて、バランス取るといいよ。」
 「ありがとう。本当だ。」
 「腰落として。じゃんけんのときに手を体に付けて。手は振らないで。」
 「うん。うん。できそう。頑張る。疲れる。きついよーー。筋肉プルプル震えてきた」・・・。
 確かに、筋力と協力性は付きそうなためになるプログラムです。工夫して集会を作り上げていける2年生になってきたなと、入学式のころからのことを思い、この成長を嬉しく思います。

音楽・・・デジタル画像で旋律づくり(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 デジタル世代の子供たちは、動く音符や、音程を自由に手軽に変化させられるデジタル教材が大好きです。
 デジタル教科書やDVD教材、教師手作り教材と、どれも子供たちにとっては、「動画」で学習するという感覚のようです。
 食い入るように、動く音符、お話する画面を見ながら、自分の旋律を作り上げていった子供たちです。
 つくりあげる過程の旋律メモや絵譜は、アナログで鉛筆で紙に音符で書いていた子供たちでした。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
富山市立藤ノ木小学校
〒930-0936
富山県富山市藤木1246
TEL:076-421-8261
FAX:076-421-8253